« ホーム開幕戦(第2節)【2012年3月17日(土)柏戦】 | トップページ | 浦和・山田直は左膝前十字靭帯損傷…ロンドン五輪も絶望 »

2012年3月21日

ロンドン五輪出場ピンチ…直輝 左膝負傷で途中交代:ナビスコ第1節【2012年3月20日(火)仙台戦】

スポニチアネックス 3月21日(水)7時1分配信

 ◇ナビスコ杯予選リーググループA 浦和1-0仙台(2012年3月20日 埼玉)
 浦和のU―23日本代表MF山田直輝(21)が20日のナビスコ杯仙台戦で左膝を負傷。試合後、さいたま市内の病院に直行した。長期離脱の可能性もありロンドン五輪出場に黄信号がともった。
 山田直は2列目の左で先発し、前半25分に相手ペナルティーエリア手前でパスカットされたボールを奪い返しにいこうと仙台DF田村と競り合った。その際相手の足が左膝に入る形になった。山田直は顔を覆ったまま担架で運び出され、矢島と交代した。ペトロヴィッチ監督は試合後の会見で「もしかしたら重傷かもしれない」と表情を曇らせた。21日にも診断が出る見通しだが、負傷の程度によっては7月開幕のロンドン五輪出場も絶望となる。
 山田直は今年に入って相次ぐケガに泣いてきた。五輪最終予選マレーシア戦のメンバー発表を翌日に控えた2月12日に右中臀(でん)筋肉離れで全治2週間と診断。復帰直後の同月23日の練習中に左膝炎症を発症した。その後3月6日に練習し、リーグ戦は開幕から2試合連続で出場していた。


ナビスコは、スカパーのJ1ライブでは別契約なので、試合を見ることはできませんでした。直輝がまた怪我してしまったのですね。しかも五輪出場がピンチとのこと。直輝は、怪我で苦労している達也と同じような道を歩みそうでこわいなぁ。怪我があまりひどくないことを祈ります。

« ホーム開幕戦(第2節)【2012年3月17日(土)柏戦】 | トップページ | 浦和・山田直は左膝前十字靭帯損傷…ロンドン五輪も絶望 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ