« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月22日

川口素晴らしい!

20070721kawaguti

川口止めた!またPK止めた!!“神の手”で3年前の奇跡再現
7月22日8時0分配信 サンケイスポーツ

 アジア杯準々決勝(21日、ハノイ)日本は因縁の豪州とのPK戦でGK川口能活(31)が好セーブを連発。3年前のアジア杯準々決勝ヨルダン戦を彷彿させる活躍をみせた。
 守護神と呼ばれるには理由がある。PK戦の1本目。MFキューウェルのシュートを完全に読んで両手でブロックすると、2本目も右手で弾き出した。勝利を確信した川口が、右手をハノイの夜空に突き上げた。
 「(中沢)佑二を中心にDFラインも集中していたし、タカ(高原)も決めてくれた。みんなの頑張りを無駄にしたくなかった」
 悪夢を払しょくした。ドイツW杯1次L・豪州戦。自らの判断ミスを契機に1-3逆転負けを喫した。「W杯の負けを取り返す」と闘志を燃やしていた男は、04年の前回大会準々決勝・ヨルダン戦、PK戦で4本連続で止めた活躍を再現。MVPに選ばれた。
 豪州との対戦が決まった17日夜、川口は周囲に呼びかけ、日本食レストランでの“決起集会”を主催した。若い選手が多いオシム・ジャパンにあって「このチームでの川口の重要性が分かってきました」と代表スタッフも一目置く。1次リーグ突破でホッとするチームを引き締め、さらなる躍進へとつなげた。
 “予感”もあった。直前の千葉合宿からPKを止める夢をしばしば見ていたという。それも常に勝利のイメージをする川口らしさ。さらに今回のPK戦勝利後、ロッカーに戻った川口は「3人目も止められた。チクショー」とつぶやいていた。
 手首の付け根から中指の先までわずか18センチの川口。過去、右手を4カ所骨折。毎日何十、何百と捕球している影響で両手小指が外側に曲がっている。見た目は不細工だが、努力の後が刻まれた“神の手”が、日本の3連覇を引き寄せる。

いやぁ~、川口は素晴らしいね。
最近、仕事にプライベートに忙しくて、ブログを更新できないでいたけど、川口の活躍を見て思わずブログに書き込みをしてしまいました。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ