« [サッカー]三都主、さいたま市で会見…いろんな経験したい | トップページ | サッカー=米実業家、リバプールを買収 »

2007年2月 7日

◆ザルツブルク加入の三都主「難しい選択だった」 古巣の浦和で移籍会見

◆ザルツブルク加入の三都主「難しい選択だった」 古巣の浦和で移籍会見
オーストリア1部リーグのレッドブル・ザルツブルクに期限付きで移籍した日本代表の三都主アレサンドロが6日、古巣・浦和のホームである埼玉スタジアム2002で会見を行った。
昨年末、天皇杯の途中でブラジルに戻っていた三都主は、浦和のサポーターにあいさつすることができないまま、ザルツブルクに移籍。そのため、一時帰国したこの日、あらためて移籍会見が行われることとなった。
会見で三都主は、移籍を決めた理由として「非常にいいチームであること。そして総監督のトラパットーニと(監督の)マテウスが高く評価してくれたこと」を挙げ、欧州の厳しい環境でさらなるステップアップを目指すことを宣言。日本代表に招集される機会が少なくなることについても、「自分が新しいチームに行ってポジションを取って、毎試合スタメンで出て活躍すれば、代表に選ばれる可能性は出てくると思う」と前向きにとらえていた。
また、3年間を過ごした浦和とそのサポーターについては、「ここで過ごした3年間は最高だった。ここで大勢のサポーターの前でプレーできたことは誇りに思っている」と語った上で、「残ってプレーするか、海外に行くか、どちらを選ぶかは難しい選択だった」と、古巣への未練ものぞかせた。
2月13日にオーストリアで行われるザルツブルクと浦和、バイエルンの3チームによる親善試合「ブルズ・カップ」については、「こんなに早く(浦和と試合が)できるのでびっくりしている。3年間でいい友だちができて、その友だちと対戦するのはすごく楽しみ」と抱負を語った。(スポーツナビ)


オーストラリアで活躍してくれよ!

« [サッカー]三都主、さいたま市で会見…いろんな経験したい | トップページ | サッカー=米実業家、リバプールを買収 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/13817423

この記事へのトラックバック一覧です: ◆ザルツブルク加入の三都主「難しい選択だった」 古巣の浦和で移籍会見:

« [サッカー]三都主、さいたま市で会見…いろんな経験したい | トップページ | サッカー=米実業家、リバプールを買収 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ