« 高原強行出場も不発 | トップページ | 俊輔2分で2アシスト »

2007年2月 5日

抜き打ちテストで阿部"合格"

抜き打ちテストで阿部"合格"
日本代表MF阿部勇樹(25)が、高い適応能力を見せつけた。J1浦和は3日、さいたま・大原で浦和ユースと今季初の練習試合(30分×3本)を行った。ボランチで先発した阿部は素早い判断で得点に絡むなど、移籍後の初ゲームで早くもチームに溶け込んでいた。浦和はDF田中マルクス闘莉王(25)の2得点などで4-1の貫録勝ちを収めた。
移籍後の初試合でMF阿部にいきなりの見せ場が訪れた。ボランチとして先発した1本目。開始直後に絶好の位置で得たFKの場面。角度は左45度で、6人が壁を作っていた。誰にいわれるまでもなく「自分で蹴りにいった」と、自然体でボールをセットした。最大の武器でもある中距離のFK。慎重に狙いすぎた一撃はGK正面に飛んで、あっさりキャッチされた。「試合も久々で(FKも)ずっとやってなかった。どうやって蹴るのかなって」と、元イングランド代表MFデービッド・ベッカムをもじり、"アベッカム"と呼ばれた男が、珍しいミスに苦笑いを浮かべた。
試合は昨年のJ1最終節以来、約2カ月ぶりとあって「今日、来てから(試合と)言われた。実戦をずっとやっていなかったので楽しかった」とニッコリ。闘莉王の2点目を素早いスローインから起点になるなど、適応能力の高さを見せた。"抜き打ち"テストを行ったオジェック監督も「阿部の出来?素晴らしかったが、前から分かっていたこと。チームにフィットしていけば、もっとよくなる」と納得顔。2得点のDF闘莉王も「もうちょっと慣れてくれば、互いにうまくいく」と不安はない。初戦にしてはスムーズだった周囲との連係にも、阿部は「試合をやらないと分からないことが多いから」という。これまでは外から見てきた浦和だが「すべてが新しいと感じている。チームが変われば、戦い方も違う。早く身につけねば」と引き締めていた。(デイリースポーツ)


阿部の浦和での活躍を予感させるね(笑)。

« 高原強行出場も不発 | トップページ | 俊輔2分で2アシスト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/13791975

この記事へのトラックバック一覧です: 抜き打ちテストで阿部"合格" :

« 高原強行出場も不発 | トップページ | 俊輔2分で2アシスト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ