« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日

骨折俊輔「次戦出る」

左手を骨折したセルティックMF中村が、27日の全体練習に参加。「振るとまだ痛い」というが「プレーに影響はないから試合に出たい」と3月3日のダンファームリン戦出場へ意欲を見せた。(スポニチ)


好調だけに今、試合に欠場したくないだろうね。
ボディコンタクトされたときに手に影響が出るかどうかといったところか。

サッカー=セルティック中村が左手骨折

[ロンドン 26日 ロイター] サッカーのセルティックに所属するMF中村俊輔が、25日に行われたスコットランド杯準々決勝のインバネス戦で左手を骨折したのが分かった。
クラブ広報担当がロイターの取材で明かしたところによれば、けがの影響で中村が欠場することはなく、今週中にけがの詳細が分かるという。
先発出場した中村は果敢にシュートを放つなど、2―1で逆転勝利したチームの準決勝進出に貢献した。(ロイター)


◆中村俊輔、左手を骨折(スポーツニッポン)サッカーのスコットランドリーグ、セルティックの中村俊輔が左手を骨折し、3月3日のリーグ戦出場が微妙であることが分かった。中村は出場を希望、プロテクターをつけてのプレーを検討している。中村は25日にスコットランドカップのインバネス戦に出場、試合後に「いつやったか分からない。かなり痛い」と訴えていた。


欠場は影響ないっていう記事と3月3日の出場は微妙という記事があるね。
いずれにしても3月7日のCLのミラン戦には出場できるということかな?

2007年2月27日

◆梅崎が逆転勝ちに貢献

(スポーツニッポン)サッカーのフランス2部リーグ、グルノーブルは26日、ホームでルアーブルと対戦し、MF梅崎司は後半終盤に途中出場し、チームの2-1の逆転勝ちに貢献した。梅崎は1-1の終了間際に決勝点のきっかけとなるセンタリングをあげるなど、精力的にプレーした。なお、FW伊藤翔は高校の卒業式出席で欠場した。


梅崎やるねぇ。

俊輔、奇跡の逆転劇

セルティックはスコットランドFA杯準々決勝でインバーネスCTと対戦。0―1の後半44分に中村の左CKを起点に同点弾。後半ロスタイムにも中村の縦パスを起点に勝ち越し弾で逆転勝利。(スポニチ)


俊輔はすごいねぇ〜なんて思っていたら、左手骨折しちゃったね・・・。

2007年2月26日

浦和赤っ恥の大量失点…守り壊崩

浦和赤っ恥の大量失点…守り壊崩
大量失点に目も当てられない?浦和・オジェック監督


ゼロックス・スーパー杯(24日・国立)。昨季、2冠王者に輝いた浦和の面々がうなだれ、ピッチにはいつくばった。後半途中からサポーターの声も消えた。公式戦での4失点は04年4月14日のリーグ清水戦、4点差の敗北は02年5月12日のナビスコ杯名古屋戦以来。惨敗にMF小野は「すごく恥ずかしい」とうつむいた。中盤崩壊から昨季、J1最少失点の赤い壁にヒビが入った。
MF阿部、鈴木の両日本代表ボランチが引き回され、何度も中央突破を許した。さらにパスミスからのカウンター攻撃を食らった。13日のブルズ杯でも6失点しており、オジェック監督は「中盤を改善しなければ」とみけんにしわを寄せた。
1月27日のチーム始動後、完全休養はわずか1日。長距離移動と時差調整が伴うオーストリア遠征後に、22日まで鹿児島・指宿で合宿を張った。疲労がピークの上、右ひざ痛のMF長谷部、右太もも痛のMF相馬、左足首痛のDF堀之内に加え、この日はともに右太もも痛のFW永井、DF闘莉王まで欠場を余儀なくされるなど、けが人が続出した。盤石と思われた選手層に不安も出てきた。
「これが開幕じゃなくてよかった」。岡野は言うが、未勝利で1週間後には開幕を迎える。「この1週間はすごく大事な時間になる」。MF鈴木の切迫した声が、チーム全体の苦悩を代弁していた。(デイリースポーツ)


昨年のリーグチャンピオンが四失点で負けるなんて、小野じゃないけどすごく恥ずかしいことだ。
頼むからなんとか一週間で立て直してくれよ!

三都主初戦でアシスト

オーストリア1部リーグで、ともに1月に移籍加入したザルツブルクの宮本恒靖と三都主アレサンドロが、ホームのグラーツァー戦で公式戦デビュー。三都主は同点ゴールをアシストした。(スポニチ)


二人とも公式戦デビューできたんだね。アレックスはアシストまでしたんだから、なんて順調な滑り出し(笑)。

2007年2月25日

G大阪が4-0圧勝

07年Jリーグの開幕を告げるゼロックス・スーパー杯は国立競技場で行われ、天皇杯準優勝のG大阪が昨季J1と天皇杯を制した浦和に4-0で圧勝した。マグノアウベスがハットトリック。(スポニチ)


今日は友人の結婚式に行っていて、観戦できませんでした。しかし、結果を聞いて観戦しなくてよかったって感じ・・・。
それにしても開幕戦大丈夫か!
阿部が機能してないって聞いたぞ!

2007年2月24日

反町監督がキレた!FW陣大粛清

反町監督がキレた!FW陣大粛清
FW陣の大粛清だ。日本サッカー協会は22日、北京五輪アジア2次予選初戦の香港戦(28日、国立)に臨むU-22(22歳以下)日本代表20人(ベンチ入りは18人)を発表し、反町康治監督(42)は熊本合宿メンバーから、FW森島康仁(19)、苔口卓也(21)=ともにC大阪、DF内田篤人(19)=鹿島、DF千葉和彦(21)=新潟=の4選手を外した。
21日の米国戦、この日行われたJ2札幌との練習試合はともに無得点に終わり、怒り心頭の指揮官はFW2人に見切りをつけ、FW登録選手は米国戦に先発した3トップだけとした。
"2試合連続"で無得点に終わった試合後、反町監督は言葉を発しなかった。報道陣の問いかけにも今合宿で初めて応じず、無言のまま足早にバスへと乗り込んだ。鬼の形相で-。
J2札幌との練習試合には、前夜の米国戦に先発しなかったメンバーが出場し、0-1で敗れた。森島を中央に苔口、増田を2列目に置いた3トップは、チャンスを作りながらも決め手を欠き続けた。ベンチで戦況を見詰めた指揮官はいら立ちを隠せなかった。決定的なシュートが外れると顔を覆い、頭をかきむしった。終始ベンチから立ち上がることはなく、背もたれに体を預け、時折天を仰いだ。後半にはゴールゲットへのカンフル剤とするべく苔口を中盤まで下げ、MFの家長を左のウイングとして起用した。増田も含めMF登録選手をFWでテストしたが、芳しい成果は得られなかった。
宿泊先のホテルに戻ると、合宿に参加した選手1人1人と面談した。メンバーから外れる4人には直接、登録から外すことを通告した。苔口に対しては「プレーが淡泊でミスも多かった」と一刀両断。森島に至っては、コーチ以下スタッフは残留を希望していたが、反町監督の「まだそこまで(のレベルに)達していない」という一言で離脱が決定。2人とも夜の飛行機で帰阪させた。
北京五輪アジア2次予選の初戦へ向けた最終メンバーは、FW登録3人を含む20人。残ったFW平山、カレン、李は奮起せざるを得ない状況だ。反町監督が行った"大粛清"が、決定力不足解消の特効薬となりそうだ。(デイリースポーツ)


得点力不足がかなり深刻そうだねぇ。

三都主GAK戦欠場も

ザルツブルクMF三都主が24日のリーグ再開初戦、GAK戦を欠場する可能性が高くなった。右足内転筋を気遣うしぐさを見せ練習をリタイア。「状態?微妙です。滑ったときに痛みが出た」。(スポニチ)


スタメンでの起用も話題に上がっていただけに残念なことだ。
早く直して、万全な状態で試合に出てほしいね。

2007年2月23日

サッカー=UEFA、リール対マンU戦の騒動調査へ

サッカー=UEFA、リール対マンU戦の騒動調査へ
[ベルン 21日 ロイター] 欧州サッカー連盟(UEFA)は、20日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッド(マンU、イングランド)対リール(フランス)戦の騒動について、調査する方針を明らかにした。
この試合では、フェンスによじ登るなど騒いだマンチェスター・ユナイテッドのサポーターに対し、フランスの武装警官隊が催涙ガススプレーなどを使って鎮圧するという騒ぎがあった。
UEFAはさらに、後半38分のマンUのギグスによるゴールに対するリール側の異議申し立てを受け、この件についても調査する。広報担当によれば、もし異議が認められれば、再試合の可能性もあるという。
問題となっているのはギグスがFKを蹴る際、リールのディフェンス陣がまだ壁を作っている最中だったこと。激しく抗議するリールの選手が試合を放棄しようとする一幕も見られた。
サポーターと警官隊の騒動については3月22日の総会で話し合われるとしている。(ロイター)

宮本&三都主W先発へ

24日のリーグ再開初戦、ザルツブルク―GAK戦に三都主、宮本が先発する可能性が浮上。21日の練習で集まったレギュラー候補とみられる11人の左SBに三都主、左CBに宮本が入った。(スポニチ)


おっ、二人ともスタメンですか!
宮本も意外に頑張るねぇ。

2007年2月22日

サッカー=欧州CL、中村が所属するセルティックがスコアレスドロー

サッカー=欧州CL、中村が所属するセルティックがスコアレスドロー
[グラスゴー 20日 ロイター] サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日、各地で決勝トーナメント1回戦の第1戦を行い、MF中村俊輔が所属するセルティック(スコットランド)が本拠地でACミラン(イタリア)と0―0で引き分けた。 中村は先発フル出場し、前半終了間際にFKから直接ゴールを狙ったが、相手ゴールキーパー、カラッチの好セーブに阻まれた。 ACミラン主将で38歳のDFマルディーニは史上5人目でイタリア選手初となる欧州CL通算100試合出場を達成した。(ロイター)


うーん、なんとか得点いれたかったねぇ。
次はアウェーだから、さすがに厳しいよなぁ。

ザルツブルク・三都主に絶賛の嵐「ファンのお気に入り」

2月21日8時1分配信 サンケイスポーツ

 オーストリアリーグ、レッドブル・ザルツブルクのMF三都主が、20日付の地元紙から絶賛された。ホームデビューとなる18日(日本時間19日)のディナモ・ブドワイス(チェコ)との練習試合で、1ゴールを決めたことで「アレックスはファンの新しいお気に入り」「他のチームに狙われることを恐れる」「新加入のなかで唯一レギュラーが決まっている」と紹介。一方で、地元紙のスタメン予想に、DF宮本の名前はなかった。


アレックスやるねぇ。
まぁ、宮本もがんばってください(笑)。

2007年2月21日

平山の醜態にスタンドからも失笑

平山の醜態にスタンドからも失笑
怪物が"地獄"に1歩近づいた。08年北京五輪を目指すU-22日本代表は19日、07年初戦のU-22米国戦(21日)に向け、熊本・大津町運動公園で練習を行った。FW平山相太(21)=FC東京=は紅白戦でライバルのFW李、カレンがアピールしたのと対照的に、胸トラップからの左足ボレーを外して決定力不足を露呈。見かねた反町康治監督(42)がわざわざ試合を止めて"愛のムチ"となるボレーやり直しを命じたが、それさえ3回連続で外す醜態をさらし、FWサバイバルに暗雲が漂った。
だれもがずっこけた。20分ハーフの紅白戦終了間際、FW平山にMF本田圭からループパスが送られた。決定機に今合宿1号の気配が漂ったが、胸トラップから左足でとらえたボールは空高く上がりゴールの上を越えた。約300人観衆からため息が漏れた。醜態は続く。反町監督は「決定力不足は日本の課題。それを意識しないと」と紅白戦を中断し、ボレーやり直しを指令。監督自らボールを投げ、胸トラップからの左ボレーを3度繰り返したが、1度もミートしない。あきれた反町監督は紅白戦後、さらに3度のボレー特打ちを指令し「チャンスはそんなにないぞ」と一喝。最後の2発こそ決めたが5回連続不発に頭を抱える平山を、スタンドの失笑が包んだ。
5人のFWが招集された今合宿は、28日の北京五輪アジア2次予選・香港戦に向けたサバイバルの場。前日18日には初招集のFW李が2得点、この日はFWカレンがゴールを決め、ライバルがアピールしている。"ボレー醜態"は指揮官に「地獄行き(代表落ち)もある」と宣告された平山にとって笑い事では済まされない。体重も83キロをキープし「よくなってきた」とコンディションが上向きと強調する平山だが、反町監督は「去年よりはいい。そうじゃなかったらお先真っ暗」とあくまで厳しい。21日・米国戦でばん回しなければ、最悪の事態が起こるかもしれない-。(デイリースポーツ)


おいおい大丈夫か(失笑)。

2007年2月20日

◆福田が先制ゴール(スポーツニッポン)

サッカー、スペイン2部リーグでヌマンシアに所属するFW福田健二は18日、ホームでのマラガ戦に先発出場し、前半28分に今季通算5点目となる先制ゴールを決め、2-0の勝利に貢献した。福田は後半33分に退いた。


すっかり存在を忘れていた。
隠れ海外組だね(笑)。

2007年2月19日

三都主 豪快FK弾

ザルツブルクMF三都主が、ホームで行われたチェコ1部チェスケー・ブジェヨビツェとの練習試合に先発し、後半23分、約22メートルの距離のFKを直接、ゴールに決めた。(スポニチ)


おっ、アレックスやるねぇ(笑)。

闘莉王が居残り走

日本代表候補の田中マルクス闘莉王は午前練習後、オシムジャパンでは禁止されている居残りランニングを敢行。「体を締めるため、少しでも良くするために自分で走ろうと思った」。(スポニチ)


禁止されていることを堂々とやってしまうが、いかにも闘莉王だね(笑)。

2007年2月18日

サッカー=レアルのカペッロ監督、ベッカムの代表復帰を希望

[マドリード 16日 ロイター] サッカーのスペイン1部リーグ、レアル・マドリードのファビオ・カペッロ監督が、所属するMFデビッド・ベッカムのイングランド代表復帰を願うとコメントした。同監督が16日の記者会見で語った。
カペッロ監督は、会見で「ベッカムのため、彼が代表に復帰することを望む」とコメント。先日のレアル・ソシエダ戦でのベッカムの活躍を例に挙げ、「代表監督が決定することだが」と前置きしつつも、同選手のサッカーに対する真摯(しんし)な態度はチームのためになる、などと発言した。
同監督は、ベッカムが今季終了後に米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍することを表明したため、いったんはベッカムを残り試合で起用しない方針を示したが、先日前言を撤回して同選手を起用。ベッカムもその期待に応えるように1カ月ぶりの出場試合で復帰ゴールを決めていた。
昨年のワールドカップ(W杯)まではイングランド
代表主将としてプレーしていたベッカムだが、8月にスティーブ・マクラーレン監督が就任してからは同国代表メンバーから外れている。(ロイター)


一度はもう試合で使わないとまで言ったのに、今度は代表復帰への後押しですか(苦笑)。

2007年2月17日

闘莉王は中沢とのコンビ結成心待ち

J1浦和が15日、ブルズ杯が行われたオーストリアから帰国し、成田空港から埼玉県のホームグラウンド・大原に直行し、軽く汗を流した。
DF闘莉王は「(現地の)人工芝で体が痛い。疲労だけ残った」と渋い表情も、DF中沢の代表復帰には「組みたかった選手の一人。刺激になる。ヘディングの強さが違う。僕の中ではJリーグでも数少ない好選手。07年バージョンで」とコンビ結成を心待ちにした。
代表ではDF登録のMF阿部は「登録はどっちでもいい。中沢復帰?個人的にはうれしいが、代表では誰が入ってきてもライバル」と、レギュラー争いに闘志を燃やした。(デイリースポーツ)

闘莉王と中沢のDFコンビも見てみたいねぇ。

平山に厳重注意

J1のFC東京は、U―22日本代表FWの平山相太(21)に厳重注意をしたと公式サイトで発表。写真週刊誌に道交法に違反して乗用車を運転しながら携帯電話を操作する姿が掲載された。(スポニチ)


ダメだよ、そんなことしちゃ(笑)。

2007年2月16日

◆サッカー=アルゼンチンのフーリガン、悪知恵を輸出

◆サッカー=アルゼンチンのフーリガン、悪知恵を輸出
[ブエノスアイレス 14日 ロイター] アルゼンチンの悪名高いフーリガンたちは、問題を起こすノウハウを外国で販売している。14日付の地元スポーツ紙「Ole」が伝えた。
同紙は政府筋の話として、アルゼンチンの熱狂的なサッカーファンのグループが、コロンビアやメキシコに赴いて、現地のサポーターを対象に相談会を開き、問題行動を起こす上でのアドバイスを与えて報酬を受けているとしている。 相談会で触れる分野には、やじや武装手段、選手やクラブの理事から金をゆすり取る方法などが含まれているという。
また、メキシコ1部リーグのプーマスのサポーターは、アルゼンチン1部リーグのボカ・ジュニアーズの悪名高いサポーター集団「La Doce」の行動をじかに経験するため、ブエノスアイレスを2度訪れていると報じている。
La Doceのリーダー、ラファエル・ディ・ゼオさんは同紙に対し「世界におけるフーリガンといえば、La Doceはハーバード大学に例えられます。フーリガンたちは、学ぶためにここにやって来るのです」とコメントしている。
アルゼンチンではフーリガン問題が慢性化しており、昨年の国内リーグ前期には大騒動が起きている。


げっ、問題行動を起こす上でのアドバイスで報酬ですか!?
いやぁ、おそるべしアルゼンチン!

サッカー=川淵会長、カズは50代になってもプレーを

サッカー=川淵会長、カズは50代になってもプレーを
[東京 15日 ロイター] 今月に40歳の誕生日を迎えるサッカーの元日本代表、三浦知良(横浜FC)に対し、日本サッカー協会の川淵会長はさらなる飛躍を期待している。
川淵会長は三浦知について、50歳まで第一線で現役を続けた伝説のプレーヤー、元イングランド代表のスタンリー・マシューズを引き合いに出し、マシューズを超える活躍を期待していると語った。
また同会長は、三浦知のサッカー界への影響力も高く評価し、日本代表再選を狙う三浦知に対してエールを送った。 マシューズは1965年に現役を退いたが、現在も英国1部リーグでプレーした最年長選手として記録に残っている。最後にイングランド代表戦に出場したのは42歳の時で、1956年には最初の欧州年間最優秀選手(バロンドール)にも選ばれている。 三浦知は日本代表として通算91試合に出場し、56ゴールを挙げている。(ロイター)


いやぁー、ほんとに50歳までプレーできたらすごいよね。
ここまできたらできるだけ長く頑張ってほしいなぁ。

2007年2月15日

◆中澤が復帰 大学生の林、藤本ら6人を初選出=サッカー日本代表候補

日本サッカー協会は14日、千葉県内で15日から19日まで行われるトレーニングキャンプの日本代表候補28名を発表した。2006年ワールドカップ後に代表引退を表明していたDF中澤佑ニが驚きの復帰選出となった。
初招集は6人。U-22代表にも選出されている流通経済大のGK林彰洋。2003年のワールドユースで正GKを務め、今季は名古屋から川崎へ移籍した川島永嗣。三都主アレサンドロが抜けた王者・浦和の左サイドを任されるMF相馬崇人。G大阪の中盤を支えるユーティリティープレーヤーのMF橋本英郎。清水躍進の立役者で2006年のJリーグ新人王、MF藤本淳吾。185センチの長身を生かした空中戦が得意な新潟の若きFW矢野貴章。
日本代表は3月24日に、横浜(日産スタジアム)でペルー代表と国際親善試合「キリンチャレンジカップ2007 〜ALL FOR 2010!〜」を戦う。
トレーニングキャンプの代表候補メンバー
は以下の通り。

GK:川口能活(磐田)山岸範宏(浦和)川島永嗣(川崎)林彰洋(流通経済大)
DF:中澤佑ニ(横浜FM)坪井慶介(浦和)田中マルクス闘莉王(浦和)阿部勇樹(浦和)今野泰幸(FC東京)
MF:橋本英郎(G大阪)羽生直剛(千葉)加地亮(G大阪)遠藤保仁(G大阪)中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)駒野友一(広島)野沢拓也(鹿島)相馬崇人(浦和)佐藤勇人(千葉)田中隼磨(横浜FM)
山岸智(千葉)藤本淳吾(清水)
FW:播戸竜二(G大阪)巻誠一郎(千葉)我那覇和樹(川崎)高松大樹(大分)佐藤寿人(広島)矢野貴章(新潟)


とうとう相馬が日本代表に選出されたね!
いやぁ、頑張ってほしいです。
中澤はあれだけおおげさに日本代表引退って騒いでおいて、結構すぐに復帰だね(笑)。
しかし、今回選出された大学生のGKは何者だ?すごい奴なのか!?

2007年2月14日

◆イングランド、2018年のワールドカップ招致を希望

イングランドは2018年のワールドカップ(W杯)を開催したいと考えている。イングランド・サッカー協会(FA)の要請をイギリス政府も全面的に支持した。FAは2006年にも招致を試みたが、その際は失敗に終わった。さまざまなアンケート調査やスポーツ相、リチャード・カボーンの意見により、「イギリス国民全体がこの動きを支持している」ことが明らかになった。2006年のW杯・ドイツ大会で組織委員長を務めたフランツ・ベッケンバウアーもイングランドでのW杯開催を支持している。(C)SPORT


2018年のW杯ですか。2010年は南アフリカでしょ。その次の次のW杯だよね。うーん、気が遠くなるような話だ(笑)。

2007年2月13日

元ブラジル代表FWロマーリオ、10分間でハットトリック

2月12日15時33分配信 ISM

 現地時間11日に行なわれたブラジル・リオデジャネイロ州選手権の試合で、ヴァスコ・ダ・ガマに所属する元ブラジル代表FWロマーリオが、わずか10分間でハットトリックを達成した。ロイター通信が報じている。
 自身のキャリアをスタートさせたヴァスコ・ダ・ガマに、先日復帰したばかりのロマーリオ。41歳を迎えた現在も、目前に迫っている通算1000ゴール達成に向けて健在ぶりを見せ付けている。
 ロマーリオはヴォルタ・レドンダ戦で3対0とリードした場面で途中出場すると69分、右からのクロスに頭で合わせてゴール。続けて75分、ワンツーで抜け出してゴールマウスを陥れたと思いきや、さらに4分後にももう1点を加えて、わずか10分間でハットトリックを完成させた。
 この3得点を加算して通算ゴール数を990に伸ばしたロマーリオは、1000ゴールの快挙達成まで残り10ゴールに迫った。ただし、この通算ゴール数は自己申告によるもので、ユース時代の得点や親善試合でのゴールも含まれているとされている。


1000ゴールはともかくとして、41歳で現役、さらに10分でハットトリック!
ロマーリオやるねぇ。

2007年2月12日

サッカー=スペイン1部、復帰のベッカムがゴール

サッカー=スペイン1部、復帰のベッカムがゴール
[マドリード 10日 ロイター] サッカーのスペイン1部リーグは10日、各地で2試合を行い、レアル・ソシエダ戦で1カ月ぶりに出場したレアル・マドリードのベッカムが自らの復帰を祝うゴールを決め、2─1の逆転勝利に貢献した。 元イングランド代表主将のベッカムは、0―1で迎えた前半37分、25メートルのFKから直接ゴールネットを揺らし今季3得点目を決めて、試合を振り出しに戻した。レアル・マドリードは、後半3分にFWファンニステルローイが勝ち越し弾を決めて、レアル・ソシエダに2─1で勝利した。 ベッカムは先月、今季終了後に米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍することを表明。このため、レアルのカペッロ監督はベッカムを残り試合で起用しない方針を示していたが、その後前言を撤回してベッカムをメンバー入りさせた。・・・(ロイター)


試合に出場し、かつ活躍ができて、ベッカムもよかったねぇ。

2007年2月11日

オシム監督は"銭形"

オシム監督が出演するドキュメンタリーDVD「引き裂かれたイレブン」が3月21日に発売。オシム監督の吹き替えをアニメ「ルパン三世」の銭形警部などの声優として有名な納谷悟朗が担当。(スポニチ)


「オシム監督は"銭形"」っていう見出しだけで、もうノックアウトだよ(笑)。

2007年2月10日

[サッカーW杯]アジア予選5位はオセアニアとプレーオフへ

サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会出場をかけたアジア予選で、予選5位チームはオセアニア大陸1位チームとホームアンドアウエー方式のプレーオフで出場枠を争うことが決まった。オセアニア連盟からプレーオフをせず、同大陸1位をアジア最終予選に組み込む案が出されたため、検討を続けていた。(毎日新聞)


アジア予選5位チームはオセアニア大陸1位チームとプレーオフですか。
なんとしてもプレーオフをやらずにW杯出場を決めたいね。

サッカー 親善試合が一転、大乱闘に

サッカー 親善試合が一転、大乱闘に
サッカーの23歳以下の中国代表とイギリス・ロンドンのクラブチーム「クイーンズ・パーク・レンジャーズ」の親善試合が、乱闘で没収試合となった。乱闘があったのは、ロンドンで7日に行われた親善試合。試合では接触プレーが相次ぎ、後半30分、足を引っかけられるなど相手選手の挑発に業を煮やした中国人選手が殴り返して、大乱闘に発展。この乱闘で、試合は没収試合となった。中国チームの代表は、「代表チームのイメージを傷つけてしまった」とファンに対して謝罪のコメントを出している。(日テレNEWS24)


[ロンドン 8日 ロイター] サッカーの23歳以下(U─23)中国代表が7日にイングランドのクラブ、クィーンズ・パーク・レンジャーズと行った親善試合では、乱闘により中国選手1人があごを骨折するなどのけがを負った。複数のメディアが報じた。 1人の中国選手が相手選手に手を出したことが発端で乱闘に発展したが、この中国選手は相手チームから挑発されたと述べている。 この乱闘で、中国側は選手1人が5分ほど意識を失い、あごを骨折するなどの大けが。目撃者が現地メディアに語ったところによると、選手同士がお互いに殴り合ったり、蹴ったりするなどの大乱闘状態だったという。 U─23中国代表チームは、来年の北京五輪に向けて2週間の海外トレーニングを行っていた。(ロイター)


暴力はいけんよ!

セリエA暴動 12の競技場が安全基準以下

セリエA暴動 12の競技場が安全基準以下
イタリア・シチリア島で現地時間2日にセリエAの試合で警官1人が死亡した暴動を受けて、イタリア内務省は現地時間8日、安全基準を満たしていないスタジアムについて、観客を入れないことを明らかにした。安全基準を満たしているのは、セリエAの18のスタジアムのうち、ローマやトリノなど6か所だけで、残り12のスタジアムには、観客を入れないことを明らかにした。また、夜の試合は当面中止され、すべて昼間に時間を変更して行われる。今週末には、森本貴幸選手が所属するカターニャと小笠原満男選手が所属するメッシーナが対戦するが、その試合も観客なしとなる。(日テレNEWS24)


うわっ、三分の一しか安全基準を満たしていないんだ。
きびしー!

2007年2月 9日

セリエA 安全基準以下なら無観客試合に

イタリア・シチリア島の試合で先日、暴動が起きたことを受け、イタリア政府は現地時間7日、安全基準を満たしていないスタジアムには観客をなしとすることを決めた。この問題は現地時間2日、シチリア島で行われた試合で、サポーターが暴れ、試合が中断されたほか、スタジアムの外で乱闘となり、警察官1人が死亡したもの。イタリア政府は現地時間7日、閣議を開き、今週末からセリエAの試合は再開するものの、安全基準を満たしていないスタジアムには観客を入れないことを決めた。どのスタジアムが観客なしとなるかは、現地時間8日にも発表される。セリエAでは、暴動が起きた「カターニア」に所属する森本選手をはじめ計3人の日本人がプレーしている。「FIFAワールドカップ」で優勝したイタリアだが、去年、セリエAでは八百長疑惑もあり、サッカー王国は大きく揺れている。(日テレNEWS24)


無観客試合決定ですか!
サポーターの暴走は許さないという確固たる姿勢の現れだね。

2007年2月 8日

闘莉王「造反覚悟」のオーバーラップ

闘莉王「造反覚悟」のオーバーラップ
オレは飛び出す!J1浦和の日本代表DF田中マルクス闘莉王(25)が6日、ブルズ杯(13日・ザルツブルク)対策のため、人工芝グラウンドで行われた今季初の紅白戦で「造反覚悟」のオーバーラップを敢行した。再三、サイドから前線に飛び出すオーバーラップを強行した闘莉王は、左クロスや左足ミドルで決定機を演出。手薄になった守備を突かれる場面もあったが「新しい監督だし、オレが上がれば好機になるということを形で示したい」と、あえて攻撃力を見せつけた。
オジェック監督は3日のユースとの練習試合後に「むやみな攻撃参加の自粛」を要請。指揮官は「オーケストラではそれぞれの楽器がいい音色を出せても、自分勝手にやればいい曲はできない」と、ドイツ人らしく規律を重視するだけに、練習後には闘莉王を呼びつける場面もあった。それでも昨季はFWワシントンに次ぎチーム2位の7点を取った闘莉王は「まだ練習。本番ではあんなに上がらない」と涼しい顔。「今季は得点王を狙いたい」という昨季MVPは、強行アピールで権利を勝ち取るつもりだ。(デイリースポーツ)


やはり闘莉王はオーバーラップしないとねぇ(笑)。
ただ、監督とはあまり衝突しないでほしいなぁ。

サッカー=ベッカムのMLSデビュー、8月のトロント戦か

サッカー=ベッカムのMLSデビュー、8月のトロント戦か
[トロント 6日 ロイター] 米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は6日、4月7日に開幕する今季リーグ戦のスケジュールを発表した。それによると、ロサンゼルス・ギャラクシーに8月から移籍する元イングランド主将のデビッド・ベッカムは、8月5日にアウェーで行われるトロントFC戦でデビューする可能性が出てきた。 現在はスペイン1部、レアル・マドリードに所属するベッカムは、クラブとの契約が7月中旬に切れた後にロサンゼルス・ギャラクシーに合流する。 MLSのスケジュールが確定したことを受け、ベッカムのプレーを一目見ようと多くのファンがチケットを買い求めるとみられている。 トロントでは、ベッカムが1月にギャラクシーへの移籍を明らかにした後、3000枚以上のシーズンチケットが売られたという。(ロイター)

ということは、八月まではレアルで干されたままということ?

サッカー=米実業家、リバプールを買収

[ロンドン 6日 ロイター] サッカーのイングランド・プレミアシップのリバプールが6日、米国の実業家のジョージ・ジレット氏とトム・ヒックス氏と、1億7400万ポンド(約413億円)のクラブ買収に合意した。 今回の買収は借金の負担を含めると総額は2億1900万ポンドになるという。 ヒックス氏は、米大リーグ(MLB)のテキサス・レンジャーズと北米アイスホッケーリーグ(NHL)のダラス・スターズのオーナーを務めており、一方のジレット氏もNHLのモントリオール・カナディアンズを所有している。 英プレミアシップではここ数年、外国人富豪によるクラブ買収が続いており、2003年にはロシアの億万長者、ロマン・アブラモビッチ氏がチェルシーを、2005年には米国実業家のマルコム・グレーザー氏がマンチェスター・ユナイテッドを買収した。(ロイター)


リバプールも買収ですか。
プレミアリーグは強豪チームの買収が流行っているねぇ。

2007年2月 7日

◆ザルツブルク加入の三都主「難しい選択だった」 古巣の浦和で移籍会見

◆ザルツブルク加入の三都主「難しい選択だった」 古巣の浦和で移籍会見
オーストリア1部リーグのレッドブル・ザルツブルクに期限付きで移籍した日本代表の三都主アレサンドロが6日、古巣・浦和のホームである埼玉スタジアム2002で会見を行った。
昨年末、天皇杯の途中でブラジルに戻っていた三都主は、浦和のサポーターにあいさつすることができないまま、ザルツブルクに移籍。そのため、一時帰国したこの日、あらためて移籍会見が行われることとなった。
会見で三都主は、移籍を決めた理由として「非常にいいチームであること。そして総監督のトラパットーニと(監督の)マテウスが高く評価してくれたこと」を挙げ、欧州の厳しい環境でさらなるステップアップを目指すことを宣言。日本代表に招集される機会が少なくなることについても、「自分が新しいチームに行ってポジションを取って、毎試合スタメンで出て活躍すれば、代表に選ばれる可能性は出てくると思う」と前向きにとらえていた。
また、3年間を過ごした浦和とそのサポーターについては、「ここで過ごした3年間は最高だった。ここで大勢のサポーターの前でプレーできたことは誇りに思っている」と語った上で、「残ってプレーするか、海外に行くか、どちらを選ぶかは難しい選択だった」と、古巣への未練ものぞかせた。
2月13日にオーストリアで行われるザルツブルクと浦和、バイエルンの3チームによる親善試合「ブルズ・カップ」については、「こんなに早く(浦和と試合が)できるのでびっくりしている。3年間でいい友だちができて、その友だちと対戦するのはすごく楽しみ」と抱負を語った。(スポーツナビ)


オーストラリアで活躍してくれよ!

[サッカー]三都主、さいたま市で会見…いろんな経験したい

J1浦和からオーストリア1部リーグのザルツブルクに期限付き移籍した日本代表DF三都主アレサンドロ(29)が6日、さいたま市内で記者会見した。三都主は「(日本とは)違うスタイルや雰囲気の中でいろんな経験をしたい。ポジション争いにも挑戦するつもりでやりたい」と意欲を語った。(毎日新聞)


オーストラリアでいろんな経験をつんでくれよ!

無観客試合の政令案

セリエAで警察官が死亡する事件を受け、イタリア政府とサッカー協会、オリンピック委員会は5日、公式戦再開後も安全基準を満たしていない競技場では無観客試合とする政令案をまとめた。(スポニチ)


無観客試合ほんとにやるのかねぇ〜。

平山"赤っ恥ループ"

FC東京のFW平山が大失態。U―22日本代表の反町監督が視察に訪れた紅白戦で、慣れないループシュートを狙って失敗。9日の代表メンバー発表を前にアピールすることができなかった。(スポニチ)


"赤っ恥ループ"っていう見出しが笑える(笑)。

2007年2月 6日

俊輔2分で2アシスト

セルティックMF中村俊輔は4日、スコットランド杯4回戦のリビングストン戦に先発出場。左足からのパスで、わずか2分で2アシストをマークした。チームは4―1で勝ち、8強に進出した。(スポニチ)


昨日はリーグ戦じゃなかったんだね。
それにしても俊輔は活躍していね。

2007年2月 5日

抜き打ちテストで阿部"合格"

抜き打ちテストで阿部"合格"
日本代表MF阿部勇樹(25)が、高い適応能力を見せつけた。J1浦和は3日、さいたま・大原で浦和ユースと今季初の練習試合(30分×3本)を行った。ボランチで先発した阿部は素早い判断で得点に絡むなど、移籍後の初ゲームで早くもチームに溶け込んでいた。浦和はDF田中マルクス闘莉王(25)の2得点などで4-1の貫録勝ちを収めた。
移籍後の初試合でMF阿部にいきなりの見せ場が訪れた。ボランチとして先発した1本目。開始直後に絶好の位置で得たFKの場面。角度は左45度で、6人が壁を作っていた。誰にいわれるまでもなく「自分で蹴りにいった」と、自然体でボールをセットした。最大の武器でもある中距離のFK。慎重に狙いすぎた一撃はGK正面に飛んで、あっさりキャッチされた。「試合も久々で(FKも)ずっとやってなかった。どうやって蹴るのかなって」と、元イングランド代表MFデービッド・ベッカムをもじり、"アベッカム"と呼ばれた男が、珍しいミスに苦笑いを浮かべた。
試合は昨年のJ1最終節以来、約2カ月ぶりとあって「今日、来てから(試合と)言われた。実戦をずっとやっていなかったので楽しかった」とニッコリ。闘莉王の2点目を素早いスローインから起点になるなど、適応能力の高さを見せた。"抜き打ち"テストを行ったオジェック監督も「阿部の出来?素晴らしかったが、前から分かっていたこと。チームにフィットしていけば、もっとよくなる」と納得顔。2得点のDF闘莉王も「もうちょっと慣れてくれば、互いにうまくいく」と不安はない。初戦にしてはスムーズだった周囲との連係にも、阿部は「試合をやらないと分からないことが多いから」という。これまでは外から見てきた浦和だが「すべてが新しいと感じている。チームが変われば、戦い方も違う。早く身につけねば」と引き締めていた。(デイリースポーツ)


阿部の浦和での活躍を予感させるね(笑)。

高原強行出場も不発

風邪で体調を崩していたフランクフルトFW高原がマインツ戦に強行出場。前半6分にドリブル突破しラストパスを出すなど積極プレーを見せたが得点に絡めず、チームも0―0で引き分けた。(スポニチ)


高原は体調を崩しても強行出場させるほどの選手になっているのだね。

2007年2月 4日

◎ファンが暴動、警官死傷=国内リーグ、当面休止も-イタリア・サッカー

◎ファンが暴動、警官死傷=国内リーグ、当面休止も-イタリア・サッカー
【カターニア(イタリア)2日時事】当地で2日に行われたサッカー・イタリア1部リーグ(セリエA)のカターニア―パレルモ戦でファンが暴動を起こし、警官の1人が死亡、1人が重傷を負う事件が発生した。これを受け、イタリア・サッカー協会は3、4の両日に予定されていたセリエAと2部リーグ(セリエB)の全試合、7日のイタリア代表の国際親善試合(ルーマニア代表戦)をいずれも中止にすると決定。原因究明に乗り出すことを表明した。
ロイター電などによると、試合後半に競技場の外で、入場できなかったパレルモのサポーターが騒ぎだして暴動に発展。警察は催涙ガスを使って鎮圧を図ったが、サポーターが投げ込んだ爆発物が警官のいた車中で爆発。警官は病院に運ばれたが死亡した。騒ぎは試合終了後も続き、競技場の周囲で客が機動隊員に石を投げ付け、路上で火花が上がるなどし、100人以上の負傷者が出たもよう。警官はさらに1人が重傷を負った。警察が発した催涙ガスの影響で、試合も後半の途中に約35分間、中断した。
イタリアでは前週にも下部のアマチュア・リーグで同様の暴動が起き、関係者1人が死亡。このため、同国協会は事態を重視。5日に緊急会議を招集するが、原因究明と対策が明確にならない限り、国内サッカーの全面的休止が続く可能性も示唆した。プロディ首相も「不幸にも連続で発生したスポーツの退廃を断固なくすという毅然(きぜん)とした態度が必要」との声明を発表した。 [時事通信社]


ヨーロッパでのサッカーという競技の影響の大きさとそれに伴う怖さをつくづく感じるよ。

サッカー=セリエA、カターニャ戦暴動で警官が死亡

サッカー=セリエA、カターニャ戦暴動で警官が死亡
[ローマ 2日 ロイター] サッカーのイタリア・セリエAは2日、カターニャ対パレルモ戦を行ったが、サポーターの暴動で警察官が死亡する事故が起きた。 警察筋によれば、事件はスタジアムの外で起き、何者かが投げた爆発物により、警察官1人が死亡。そのほか、100人以上の負傷者が出たと報じられている。 今回の事件を受け、イタリアサッカー協会は、週末に行われる予定だった各試合の延期の決定を下した。 一方、試合は2―1でパレルモが勝利。カターニャに所属するFW森本貴幸は出場機会がなかった。(ロイター)


なんでこんなことになるんだろうね・・・。

過密日程対策…浦和"死の29連勤"

過密日程対策…浦和"死の29連勤"
死の29"連勤"で過密日程対策だ。J1浦和のホルガー・オジェック監督(58)が2日、国内初戦の2月24日・ゼロックス杯G大阪戦(国立)までオフを与えないハードトレ敢行を宣言した。
「オフ?考えていない。オーストリア遠征で移動の負荷が大きければ考えるが」。ゼロックス杯まで休みがなければ前代未聞の29"連勤"となる。中身も濃い。11-15日のオーストリア遠征までは原則的に午前、午後の2部練習が続く。同遠征で初の実戦となるブルズ杯を終えると、16日から鹿児島・指宿合宿を経てゼロックス杯に臨む。シーズンを見据えての休日召し上げだ。
リーグ、ACL1次リーグが並行開催される4月7日・磐田戦から5月13日・G大阪戦までは中2、3日の10連戦が控える。「開幕後の方が厳しい。そのときのために今は体を作っておく必要がある」。Jクラブが沈んできた移動と連戦に耐えるための非情決断だ。
イレブンも覚悟を固めた。95、96年に同監督の下でプレーしたMF岡野が「無休?仕方がない。前もこの時期は休みがなかった」と練習後にトレーナー室に倒れ込めば、DF闘莉王も「全然いいですよ。練習は嫌いじゃないから」と苦手なマッサージで耐える。実になる日を信じ、今は地獄で種をまく。(デイリースポーツ)


シーズンの過密日程に耐えるためのハードトレーニングですか。
この苦労が報われることをひたすら祈るのみです。

2007年2月 3日

高原が体調不良

フランクフルトFW高原が体調不良で1日の練習を休んだ。31日に風邪の症状を訴え練習を切り上げており、フンケル監督は「熱は下がったが、せきが出ている」。3日のマインツ戦も微妙。(スポニチ)


せっかく最近好調なのにねぇ。
早く直してくださいよ。

2007年2月 2日

◆闘莉王 阿部に“スシ食いねえ〜”

◆闘莉王 阿部に“スシ食いねえ〜”
J1浦和のDF闘莉王(25)が31日、今季から新加入したMF阿部勇樹(25)のために“ひと肌脱ぐ”ことを宣言した。
1月30日の練習後、闘莉王は阿部、MF鈴木啓をなじみの寿司屋に誘い、歓談したという。「(阿部は)自分からは行けないタイプなので」。学校は違うが、高校時代からの親友の性格を説明。昨年のJ1・MVPは、加入して間もない同い年の新入りとチームをつなぐつもりだ。
連日の走り込み中心メニューに選手たちの肉体は悲鳴を上げている。もちろん、闘莉王にとってもきつい。しかし、J1連覇そしてアジア制覇を狙う男はグラウンド外もきっちりケア。若き親分肌の本領を発揮している。
練習でもパス回しの際は阿部とペアを組むなど、積極的な外交を展開。「大事な友達だからね」。日本代表でもともに戦っている戦友をチームに溶け込ませることが、浦和の強さを盤石にすると信じている。(デイリースポーツ)


闘莉王やるねぇー。
阿部のFKも闘莉王のヘッドに合わせる回数が多くなるんじゃない(笑)。

サッカー=タイガー・ウッズ、米国進出のベッカムを歓迎

サッカー=タイガー・ウッズ、米国進出のベッカムを歓迎
[ドバイ 31日 ロイター] 男子ゴルフの米スター選手のタイガー・ウッズが、来季から米メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに移籍するサッカー選手のデビッド・ベッカムを歓迎する構えをみせた。
今週開催されるドバイ・デザート・クラシックに出場するウッズは前日の記者会見で、ベッカムの移籍により、国内で大きなベッカム効果があると断言。所属チーム本拠地のロサンゼルスは、過去にNFLのラムズやレイダースなどが移転してまったこともあり、ベッカムのようなスター選手の力を欲しがっていると語った。(ロイター)


別にタイガー・ウッズがベッカムを歓迎って言ってもなぁ・・・。
もうベッカムだと何でも記事になるね(笑)。

2007年2月 1日

◆伊紙が森本を絶賛「将来を担う」

イタリアの全国スポーツ紙「コリエレ・デロ・スポルト」は30日付の紙面で、セリエAデビューで初ゴールを決め、日本人選手の最年少記録(18歳8カ月)を更新した森本貴幸=カターニア=を絶賛した。
同紙は「カターニアの将来を担う」との見出しが付いた記事を掲載。マリーノ監督の「試合が終わってから、私のところに来て『ありがとう』と言った。練習中は何度もタックルで倒されながら、何もなかったように立ち上がり、またドリブルを始める。カターニアの将来を担う選手だ」というコメントを紹介している。
また、同紙は森本のゴールで引き分けに持ち込んだ試合後の地元カルロ・アルベルト広場の熱狂ぶりやチームメートのコメントを紹介している。(デイリースポーツ)


ちょっと活躍するとイタリアはすぐに大騒ぎするからなぁー。
そして、調子が悪いときはケチョンケチョンに言われるんだよね(苦笑)。

森本 完全移籍へ

カターニアFW森本が今季終了後に完全移籍することが確実となった。現在はJ2東京Vから期限付き移籍をしているが、30日の会見でプルビレンティ会長が森本の買い取りを明言した。(スポニチ)


イタリアって、ちょこっと活躍するとすぐにこんな感じになるよね。
どこまで本当なんだか・・・。

俊輔がJ復帰報道否定

セルティックMF中村俊輔が今夏限りでセルティックを退団しJリーグに復帰するとされた一部報道を全面的に否定。「この夏に日本に帰ることはない。いつかは日本でやりたいと言っただけ」。(スポニチ)


あんだけ活躍しているのに、今、日本に帰ってくるなんてありえないよ(苦笑)。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ