« 高原が体調不良 | トップページ | サッカー=セリエA、カターニャ戦暴動で警官が死亡 »

2007年2月 4日

過密日程対策…浦和"死の29連勤"

過密日程対策…浦和"死の29連勤"
死の29"連勤"で過密日程対策だ。J1浦和のホルガー・オジェック監督(58)が2日、国内初戦の2月24日・ゼロックス杯G大阪戦(国立)までオフを与えないハードトレ敢行を宣言した。
「オフ?考えていない。オーストリア遠征で移動の負荷が大きければ考えるが」。ゼロックス杯まで休みがなければ前代未聞の29"連勤"となる。中身も濃い。11-15日のオーストリア遠征までは原則的に午前、午後の2部練習が続く。同遠征で初の実戦となるブルズ杯を終えると、16日から鹿児島・指宿合宿を経てゼロックス杯に臨む。シーズンを見据えての休日召し上げだ。
リーグ、ACL1次リーグが並行開催される4月7日・磐田戦から5月13日・G大阪戦までは中2、3日の10連戦が控える。「開幕後の方が厳しい。そのときのために今は体を作っておく必要がある」。Jクラブが沈んできた移動と連戦に耐えるための非情決断だ。
イレブンも覚悟を固めた。95、96年に同監督の下でプレーしたMF岡野が「無休?仕方がない。前もこの時期は休みがなかった」と練習後にトレーナー室に倒れ込めば、DF闘莉王も「全然いいですよ。練習は嫌いじゃないから」と苦手なマッサージで耐える。実になる日を信じ、今は地獄で種をまく。(デイリースポーツ)


シーズンの過密日程に耐えるためのハードトレーニングですか。
この苦労が報われることをひたすら祈るのみです。

« 高原が体調不良 | トップページ | サッカー=セリエA、カターニャ戦暴動で警官が死亡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/13778854

この記事へのトラックバック一覧です: 過密日程対策…浦和"死の29連勤":

« 高原が体調不良 | トップページ | サッカー=セリエA、カターニャ戦暴動で警官が死亡 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ