« サッカー=元日本代表FW鈴木、横浜Mに移籍 | トップページ | サッカー=ポーツマスのジョンソン、便座万引き容疑で逮捕 »

2007年1月21日

浦和W戦闘服!広告料は年間10億円

浦和W戦闘服!広告料は年間10億円
J1浦和が19日、J初となる国内用と国際試合用の2種類の新ユニホームを発表した。
デザインそのものは同じだが、胸のロゴは別々のスポンサーがつくという異例のビジネスモデルを構築。リーグ戦などで使用する国内用に明治製菓の健康事業ブランド「ザバス」、アジアCLなどで使用する国際試合用には国際総合物流企業「DHLジャパン」が入り、背中、そで、パンツを含めるとユニホームだけで年間総額10億円(推定)の巨額スポンサー契約を2年間締結。
前身の三菱重工が3冠を達成した78年当時のデザインを復刻した"タイトル総獲り戦闘服"で日本、アジア制覇と世界進出に挑む。
J初のダブル戦闘服が完成した。アジアCL、A3杯は広告掲示の規約が異なることや「出場する大会によって訴求対象が違う」との観点から、欧州トップクラブ方式で、国内用とは別に国際試合専用ユニホームを作成した。
それぞれ異なるスポンサーを募る"ダブルインカム"で巨額契約を実現した。総額5億を稼ぎ出す胸ロゴには、新トップパートナーシップ契約を結んだ明治製菓(国内用)、DHL(国際試合用)が入る。国内用限定の背中(三菱自動車)、左そで(トーシン)、パンツ(三菱ふそう)を合わせると、ユニホームスポンサー料は他クラブの2、3倍となる年間総額10億円に達することになる。
デザインには意気込みと誇りを込めた。前身の三菱重工が天皇杯、日本リーグ、JSL杯の3冠を達成し、チームカラーが青から赤に変わった1978年がモデル。当時現役だった浦和の藤口社長は「強かった当時のように全タイトルを取るという意気込みを込めた」。国際試合用の左胸には"日本代表"の誇りを示すJAPANの文字が輝く。機能面もアジアに挑むにふさわしい。高温多湿の環境で戦うアジアCLのアウエー戦対策として吸水、速乾性に富む特殊素材「ドライフィット」を使用した。国内用は2月24日のゼロックス杯、国際試合用は2月13日のブルズ杯で初お披露目される予定だ。また明治製菓はサプリメントの提供、日本代表もサポートする管理栄養士による指導、派遣なども視野に入れ、栄養面からもアシストする。DHLは海外遠征の輸送面でサポートをするという。藤口社長は「同じ方向性を持ち一緒に戦える新たな仲間と、リーグ連覇、アジア制覇を目指したい」と世界との戦いをにらんだ。(デイリースポーツ)


レプリカを手に入れるとしたら、国内用と国際試合用どちらがよいかね(笑)。

« サッカー=元日本代表FW鈴木、横浜Mに移籍 | トップページ | サッカー=ポーツマスのジョンソン、便座万引き容疑で逮捕 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/13595852

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和W戦闘服!広告料は年間10億円:

« サッカー=元日本代表FW鈴木、横浜Mに移籍 | トップページ | サッカー=ポーツマスのジョンソン、便座万引き容疑で逮捕 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ