« 日本はサウジを降し準決勝進出 アジア・ユース | トップページ | 浦和が「トップ10」 »

2006年11月 9日

日本敗因は対独親善試合での善戦 協会分析

日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は8日、W杯ドイツ大会での日本代表の敗因について、開幕直前に行われたドイツとの親善試合で「チャレンジャーであるべきなのに、受け身に立つ雰囲気が生まれた」と善戦したことがかえってマイナスに働いたとの見方を示した。10日発売されるW杯分析リポートの説明会で言及した。(毎日新聞)


ふぅ〜ん、そんなもんかねぇ・・・
ボロ負けしたほうがよかったってことかい(笑)。

« 日本はサウジを降し準決勝進出 アジア・ユース | トップページ | 浦和が「トップ10」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/12612534

この記事へのトラックバック一覧です: 日本敗因は対独親善試合での善戦 協会分析 :

« 日本はサウジを降し準決勝進出 アジア・ユース | トップページ | 浦和が「トップ10」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ