« オシム、反町監督を1時間説教 | トップページ | 平山不発、先発はく奪の危機 »

2006年10月22日

浦和、川崎ともに譲らず引き分け

△浦和(勝ち点62)2―2川崎(勝ち点55)△
ともに譲らず、引き分けた。浦和は前半19分、ワシントンの個人技で先制したが、川崎は35分にジュニーニョのPKで同点。勢いに乗る川崎は後半5分、右クロスに中村が頭で合わせて逆転に成功したが、浦和は2分後にポンテが右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。(毎日新聞)


観戦に行ったのですが、所用により後半20分すぎにスタジアムに到着。
得点シーンは全く見られませんでした。(ToT)

« オシム、反町監督を1時間説教 | トップページ | 平山不発、先発はく奪の危機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/12375796

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和、川崎ともに譲らず引き分け:

« オシム、反町監督を1時間説教 | トップページ | 平山不発、先発はく奪の危機 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ