« "宿なし"の危機?平山ら畳で雑魚寝 | トップページ | 浦和あぁ3失点…逃げ切りピンチ »

2006年10月28日

まだこの話題でひっぱるか!

[パリ 25日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝で、フランスのMFジネディーヌ・ジダンから頭突きを受けたイタリアのDFマルコ・マテラッツィがフランスのラジオ番組に出演し、ジダンとの和解に対する現在の心境を語った。 マテラッツィは番組の中で「頭突きを受けたのは彼ではなく私の方だ。私は既に謝罪した。今は彼の謝罪を待っている」と述べるとともに「(ジダンと)握手する日がいつかは来ると思うが、それにはすべての条件が満たされなければならない」と話し、3カ月以上経った今も和解は時期尚早であることをうかがわせた。 W杯決勝では、マテラッツィがジダンに対して姉を侮辱する発言を繰り返し、それに激高したジダンがマテラッツィの胸元に頭突きを喰らわせて一発退場となった。試合は、イタリアがPK戦の末、フランスに勝利した。(ロイター)


まだまだ尾を引いているねぇ(笑)。

« "宿なし"の危機?平山ら畳で雑魚寝 | トップページ | 浦和あぁ3失点…逃げ切りピンチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34017/12455287

この記事へのトラックバック一覧です: まだこの話題でひっぱるか!:

« "宿なし"の危機?平山ら畳で雑魚寝 | トップページ | 浦和あぁ3失点…逃げ切りピンチ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ