« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日

森本が完全移籍へ

カターニアのFW森本が今季終了後にも完全移籍することになった。29日のトリノ戦終了後、ロモナコGMが「4月に150万ユーロ(約2億2500万円)で完全移籍させる」と明言した。(スポニチ)


これは森本の実力の評価なの?
それともジャパンマネー狙い!?

2006年10月30日

ベッカム移籍を否定

スコットランド・プレミアリーグで中村俊輔が所属するセルティックのストラカン監督は、元イングランド代表主将のベッカムを獲得する意思があると地元紙が報道したことについて否定した。(スポニチ)


ベッカム獲得の否定もなにもベッカム獲得の話があったことを知らなかったよ(笑)。

2006年10月29日

浦和あぁ3失点…逃げ切りピンチ

浦和あぁ3失点…逃げ切りピンチ

・・・J1最少失点を誇る赤い壁が音を立てて崩れた。優勝争いのド真ん中で今季最多の3失点。8月30日・大分戦以来、8試合ぶりとなる痛恨の黒星で、完全に尻に火が付いた。ブッフバルト監督の「首位であることには変わりない。2位とはまだ差がある」という発言も強がりにしか聞こえなかった。・・・それでも元ブラジル代表FWワシントンの出場10試合連発となる2ゴールで追撃したが、後半7分に磐田MF福西に決められた3点目が決勝点となった。後半14分、MFファブリシオのひじ打ちが日本代表MF長谷部のあごを直撃。一発退場ではなく、警告どまりだったことに、長谷部は「なんで試合中に殴られなきゃいけないのか、分からない。主審の"絶対やってない"という言葉にもイラッとした」と平常心を失った。他の選手も磐田の狡猾(こうかつ)なプレーにはまり、逆転ムードはしぼんだ。
これでアウエーでの磐田戦の成績は14戦2勝1分け11敗。・・・4試合ぶりに復帰した日本代表DF坪井も左ひざ痛が再発し、前半だけで交代するなど踏んだり蹴ったり。残りは5試合だが、
浦和はこのまま逃げ切れるのか。(デイリースポーツ)


所用で試合を見ることが出来ず、録画をしておきました。しかし、試合結果を聞いて、試合を見るのをやめました(苦笑)。

2006年10月28日

まだこの話題でひっぱるか!

[パリ 25日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝で、フランスのMFジネディーヌ・ジダンから頭突きを受けたイタリアのDFマルコ・マテラッツィがフランスのラジオ番組に出演し、ジダンとの和解に対する現在の心境を語った。 マテラッツィは番組の中で「頭突きを受けたのは彼ではなく私の方だ。私は既に謝罪した。今は彼の謝罪を待っている」と述べるとともに「(ジダンと)握手する日がいつかは来ると思うが、それにはすべての条件が満たされなければならない」と話し、3カ月以上経った今も和解は時期尚早であることをうかがわせた。 W杯決勝では、マテラッツィがジダンに対して姉を侮辱する発言を繰り返し、それに激高したジダンがマテラッツィの胸元に頭突きを喰らわせて一発退場となった。試合は、イタリアがPK戦の末、フランスに勝利した。(ロイター)


まだまだ尾を引いているねぇ(笑)。

2006年10月27日

"宿なし"の危機?平山ら畳で雑魚寝

サッカーのU-21日本代表が中国戦の快勝から一夜明けた26日、アジア大会(12月・ドーハ)で"宿なし"危機に陥っていたことが分かった。日本協会は急きょドーハ市内のホテルを確保したが、それでも不足数は埋められず、FW平山相太(21)=FC東京=ら選手は選手村での雑魚寝は必至で、一部スタッフは隣国UAEから通うことになりそうだ。宿泊施設が不足するアジア大会。JOC会議で日本選手団821人に対し、選手村の割り当ては693ベッドという報告を受けた日本協会の川淵キャプテンは「サッカーだけが別枠でホテルを取ることはない」と、他の競技団体と歩調を合わせることを明言した。背景には1泊10万円以上という宿泊代の高騰にある。アジア大会はU-21日本代表が参加するだけに「高額なホテル代は払えない。選手が恵まれすぎるのもよくない」とFW平山ら五輪世代へ特別な配慮はしない。「エクストラベッドでも足りない。(他団体から)畳を敷いて雑魚寝する話もでていた。(若手には)
そんな経験もいい」と、すし詰めの"雑魚寝試練"を与える構えだ。問題は、選手の体調管理に当たる医師らを優先して役員登録したため、支援役員として登録した反町監督ら代表スタッフが"宿なし"危機に陥ったこと。日本協会は急きょドーハ市内のホテルを確保したが、田嶋専務理事は「それでも足りない。(隣国の)UAEから通うことも考えている」と、一部スタッフは砂漠横断での大会参加を強いられるなど、五輪世代は選手もスタッフも厳しい環境で鍛えられることになる。(デイリースポーツ)


雑魚寝ですか!?
いかにもアジアの大会って感じだね(苦笑)。

マラドーナ

マラドーナ

[ブエノスアイレス 25日 ロイター] 「5人抜きドリブル」など、サッカー史に残る数々の名プレーを演じてきた元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏のブロンズ像が、アルゼンチンの名門クラブ、ボカ・ジュニアーズの博物館に飾られることになった。 マラドーナ氏は、1980年から1990年代にかけて、2度同チームに所属した。 高さ2.2メートルのこの像は、今月30日に披露される予定。(ロイター)


[テグシガルパ(ホンジュラス) 25日 ロイター] ホンジュラスサッカー協会は25日、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏に代表監督の就任を要請していることを明らかにした。マラドーナ氏は同日、協会関係者に会うためにホンジュラスを訪問している。 同協会のラファエル・カジェーハス会長はロイターに対し「マラドーナが24日夜に『ホンジュラス代表チームを喜んで指導する』と言った」と明かした。 今回の要請については「彼はサッカー界における我々の知名度を上げることができる人物」としている。 マラドーナ氏は、母国アルゼンチンの地元クラブを含めて過去に2度指導経験を持つが、いずれも短期間で、大きな功績は収めていない。また、アルゼンチン代表の監督候補としても、たびたび名前が挙がっている。 ホンジュラスは、初出場した1982年のワールドカップ(W杯)スペイン大会では予選リーグで敗退。以後、W杯からは遠ざかっている。
現在の世界ランキングは55位(10月25日時点)。(ロイター)


銅像はともかく、マラドーナが率いる代表なんて、いかにも弱そうな感じがする(笑)。

2006年10月26日

浦和 来年に欧州遠征

浦和が、来年2月に欧州遠征を計画している。パートナーシップ契約を結ぶドイツの名門バイエルンMからミニトーナメント参加の打診を受け、浦和側も前向きに検討している。(スポニチ)


前回のイングランドに引き続き、今度はドイツなんだね。

2006年10月25日

[サッカーU21]日本が2―0で中国破る 8月に続き連勝

サッカーの21歳以下(U21)日本代表とU21中国代表の国際親善試合が25日、東京・国立競技場で行われ、日本が2―0で勝った。前半17分に梶山のゴールで先制。後半37分に平山が追加点を挙げ、8月に中国で行われた試合に続いて日本が連勝した。中国は来日メンバー20人の半数以上がフル代表経験者だった。(毎日新聞)


すっかり試合があることを忘れていた(苦笑)。

2006年10月24日

海外組動向

イタリア1部リーグ(セリエA)のカターニアに所属するFW森本貴幸は21日、ユースのメッシーナ戦にフル出場し、後半に2得点して3―0の快勝に貢献した。(スポニチ)

トルコ1部リーグで稲本潤一が所属するガラタサライはカイセリ(トルコ)でエルジーエスと対戦し、2―1で勝った。稲本は守備的MFとして先発フル出場し、9月17日以来の勝利に貢献。(スポニチ)

サッカー、セリエAで、メッシーナのMF小笠原満男がエンポリ戦でフル出場し、1―1の後半5分に左足のボレーシュートを決め、セリエAで初得点した。試合は2―2で引き分けた。(スポニチ)

セルティックは21日、ホームでマザーウェルと対戦し、MF中村俊輔の2アシストで2―1で勝った。勢いに乗る中村の左足に導かれ、チームはリーグ戦7連勝で早くも独走態勢に入った。(スポニチ)

サッカーのスイス1部リーグで中田浩二が所属するバーゼルは22日、ホームでザンクトガレンと対戦、先発出場した中田は鼻を骨折して前半30分に退いた。試合はバーゼルが2―1で勝った。(スポニチ)


中田浩二の骨折はちょっと痛いが、海外組はそれなりに活躍してるねぇ。
しかし、森本の存在は忘れていた(笑)。

2006年10月23日

平山不発、先発はく奪の危機

Jリーグ1部(J1)第28節最終日(22日・味の素スタジアムほか=2試合)、U-21代表FW平山が先発はく奪の危機だ。後半9分に交代し、15日・名古屋戦に続いて2試合連続無得点。平山と代わったMF馬場の投入から流れが変わり、G大阪の西野監督に「平山が交代して嫌だと思った。あのままいてほしかった」と言われる始末だった。前半7分、右サイドを深くえぐったMF梶山の折り返しを左足であわせたが相手DFに阻まれ、ポストプレーでも精彩を欠いた。4試合連続先発も、倉又監督は「練習から結果を出して、勝ち取ってもらわなければならない」と28日・大宮戦は先発陥落も示唆した。平山は「クセを読まれていた」と肩を落とし、MF梶山は「キープできないレベルの相手じゃない。あのゴールも決めてほしかった」とピシャリ。「(U-21)代
表で頑張ります」とうつむく怪物は、反町ジャパンで息を吹き返すか。(デイリースポーツ)


昨日のガンバ対FC東京戦はテレビで後半20分ぐらいまで見ていました。瓦斯弱いなぁ〜と思い、そのまま見るのをやめてしまった。しかし、その後に逆転していた!
もう少し試合を見ていればよかった(苦笑)。
それにしても、平山は全然ダメだねぇ。あれじゃ、先発はきついよ。

2006年10月22日

浦和、川崎ともに譲らず引き分け

△浦和(勝ち点62)2―2川崎(勝ち点55)△
ともに譲らず、引き分けた。浦和は前半19分、ワシントンの個人技で先制したが、川崎は35分にジュニーニョのPKで同点。勢いに乗る川崎は後半5分、右クロスに中村が頭で合わせて逆転に成功したが、浦和は2分後にポンテが右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。(毎日新聞)


観戦に行ったのですが、所用により後半20分すぎにスタジアムに到着。
得点シーンは全く見られませんでした。(ToT)

2006年10月20日

オシム、反町監督を1時間説教

サッカーU-21(21歳以下)日本代表が18日、埼玉スタジアムのサブグラウンドでJ1大宮と練習試合(60分×2本)を行い、2日間の強化合宿を打ち上げた。試合は1-0で勝利したが、視察に訪れたA代表のイビチャ・オシム監督(65)は、FW平山相太(21)らのプレーに不快感を示し、練習後にはU-21代表の反町康治監督(42)を呼び出して、約1時間説教をした。U-21の反町監督がうつむき加減で報道陣の前に出てきた。「説教されてたよ、得意の。選手の話。もっとこうすればいいとか」。練習試合後、クラブハウスの個室で約1時間にわたり、オシム監督から指導方法について厳しい注意をされたことを明かした。エースのFW平山が、前線でボールを追わない場面が続出。シュートも、CKからのヘディング1本に終わった。ほかの選手も激しいプレーはなく、若さを武器にした大胆なパフォーマンスは少なかったからだ。
視察したオシム監督は、問題点に「走る量」を挙げ、「自覚している人もいるでしょう。土曜の試合(Jリーグ)があるから、ケガしないように気を使っていたのかもしれない」と皮肉を込めた。さらに「非常にいいといえるような試合ではなかった」と続けた。U-21のメンバーは所属クラブでは主力であるものとそうでないものが混在している。代表ではその差がコンディションの違いとなるため、オシム監督は「チームとして100%のプレーはできない」と理解を示すが、2010年南アフリカW杯に向け、若手発掘に訪れただけに、落胆は大きい。オシム監督は「今日の試合は参考材料」と話し、日本代表のサウジアラビア戦(11月15日、札幌)の選出にも影響が及びそうなだけに、オシム監督の"雷"の余波が注目される。(デイリースポーツ)


説教されるのは選手だけじゃないんだね。それにしても、Jリーグ監督経験もある反町監督も説教されるなんて・・・。
おそるべしオシム!

2006年10月19日

サッカー=元日本代表MF岩本、クラブW杯出場へ

12月に日本で開催されるサッカーのクラブワールドカップ(W杯)に出場するオークランド・シティーFC(ニュージーランド)は19日、元日本代表MF岩本輝雄(34)と契約を結んだと発表した。契約期間はクラブW杯終了までの2カ月間で、岩本はマーキー・プレーヤー(看板選手)としてチームを世界の大舞台へ導く。 岩本はA代表として9試合出場し、2得点を記録。Jリーグの平塚(現湘南)、仙台、名古屋で活躍したが、昨年2月に名古屋を退団した後は無所属となっている。 オークランド・シティーFCの声明によると、岩本は今月29日にオークランド入りし、11月4日のワイカトFC戦でデビューする予定。クラブW杯出場で日本に帰国するまで、ニュージーランドの国内リーグでは最大で5試合に出場するという。 昨年のクラブW杯では、元日本代表FWの三浦知良(横浜C)がシドニーFC(オーストラリア)の一員としてプレーした。(ロイター)


おっ、岩本輝なつかしぃー。短命だったファルカンジャパンの10番だったんだよねぇー。
しかし、復帰しても、ブランクがあるから、まともなプレーをできるかね。

2006年10月18日

伊紙が大黒評価「"翼"が現れた」

イタリア1部リーグ・セリエAでFW大黒将志(26)の所属するトリノは、ホームでキエボに1-0で勝った。大黒は1点リードの後半8分から途中出場。試合終了までプレーしたが、得点はなかった。セリエAデビューを果たした9月10日のパルマ戦以来、5試合ぶりにベンチ入りした大黒は、負傷したFWと交代で出場。積極的にボールに絡んだもののシュートは打てず、決定的なチャンスもつくれなかった。日本人はキャプテン翼だけじゃない。イタリア紙「ガゼッタ・デル・スポルト」は16日付紙面で、セリエA・トリノのFW大黒を「やっとアニメではない、サッカー選手のような日本人が現れた」とたたえ、現地15日・キエボ戦のプレーを6・5点と高評価した。イタリアでは日本の人気アニメ「キャプテン翼」が「ホリー&ベンジー」というタイトルで放映されている。またコリエレ紙も6・5点を与え、「インテリジェンスのあるプレーをした。合格点」と絶賛した。(デイリースポーツ)


大黒はイタリアで活躍できるのかねぇ。
それにしても、日本人のサッカーのイメージが中田とかの実在する人ではなく、キャプテン翼というのが笑える(笑)。

2006年10月17日

オシム日本は稲本に密着マーク

日本サッカー協会の小野剛技術委員長が16日、MF稲本潤一(ガラタサライ)の視察を終えてトルコから帰国した。本人との接触はできなかったが、小野委員長は「今後は色々な手段を駆使し、稲本の情報を集めていきたい」とオシムジャパンとして稲本を密着マークする方針を明かした。稲本の所属するトルコリーグと、MF中田(バーゼル)のスイスリーグは、日本国内でテレビ放映されていないが、小野委員長はガラタサライ-アンカラ・ギュジュ戦を視察後、フロント陣と会談。日本代表を派遣する際の協力要請と併せ、試合の映像提供も依頼したもようだ。同委員長が「思ったよりレベルが高かった」と語るトルコリーグ。主力として活躍している稲本が今後、オシムジャパンに加入する可能性は高い。稲本には現地で「明日の練習が早いんで」と面会を断られ、今回は"空振り"だったが、同委員長は「パイプは作ってきた」と手応えをつかんだ
。来月はFW高原(フランクフルト)とMF中村俊(セルティック)の視察を考えているという。(デイリースポーツ)


オシムジャパンも海外組の招集にいよいよ本格的に動き出したって感じだね。

2006年10月16日

浦和六連勝!

サッカーのJ1第27節が15日行われ、首位の浦和が2―1で福岡を退けて6連勝、勝ち点を61に伸ばし、同56で2位のG大阪との差を5に広げた。広島は5―2でFC東京に逆転勝ち。(スポニチ)


いいねぇ、いいねぇ(笑)。

2006年10月15日

俊輔ハットトリック

スコットランド・プレミアリーグで中村俊輔の所属するセルティックはアウエーでダンディー・ユナイテッドと対戦し4―1で快勝した。中村はハットトリックを達成した。(スポニチ)


8年ぶりのハットトリックだってね。
素晴らしい!
来年はオシムも俊輔を呼ぶかねぇ。

2006年10月14日

オシム先生の通信簿

日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が就任後の全6戦で招集した34選手を対象にした"通信簿"の作成をコーチ陣に指令したことが13日、分かった。指揮官はこの日、都内でスタッフ会議を行い、コーチたちに通信簿のたたき台となる今月11日・インド戦までの評価リポートの提出を指示。そのリポートに自身の評価を加えて完成させた通信簿を、年内最終戦となる11月15日のアジア杯予選サウジアラビア戦(札幌)前後に選手に伝える見込みで、同時にコーチの"眼力"をテストする意味も含まれている。オシム日本イレブンが"終業式の恐怖"を再体験する。オシム先生が代表監督としては異例の通信簿を作成するのだ。・・・かつて数学教師を目指したオシム監督らしいプランだ。「こちらが選手をどのように見ているかを伝えることで、選手の今後にもつながる」と長所、短所、今後の課題を忌憚(きたん)なく示すことで、選手への道しるべを与える。新戦力発掘だけでなく、現有戦力の強化にもどん欲だ。次回会議で提出されるリポートは、年内で日本協会との半年契約が切
れるコーチ陣の眼力チェックも兼ねているとみられ、評価する側、される側のどちらにもドキドキの"学期末"となる。「全員が"水を運ぶ選手"のチェルシーよりも、ロナウジーニョを生かすバルセロナが好き」という御大が世界を魅了する"美しい日本"代表づくりの初年度を厳しく総括する。(デイリースポーツ)


キャプテンにヘタクソといわれた巻の評価はどうなんだろうね(笑)。

ヘタって言われないように頑張ってください

川淵三郎キャプテンに「ヘタクソ」と酷評された千葉FW巻が13日、千葉県内のグラウンドで14日・鹿島戦(カシマ)に向け、屈辱を胸に黙々と無言の練習を行い、勝利によって川淵批判を一蹴する決意を示した。巻はオシム監督就任後、メンバー入りした5戦すべてに先発出場したが、いまだに無得点と結果が出ていない。川淵Cは11日のインド戦後、伸び悩むエースに「巻はヘタ」と、厳しく言い放った。・・・練習を終えた巻は「明日、頑張ります」と言葉少なで、足早にバスに乗り込んだ。批判は黙って受け止め、勝利という結果で打ち消す。短い一言に気合がみなぎっていた。(デイリースポーツ)


まぁ、ゴールを決めるのが少ないのは今に始まったことじゃないと思うが・・・。
まぁ、頑張ってください。

U2ボノ基金にiPod nano新色

U2ボノ基金にiPod nano新色

アップルコンピュータは13日、(RED)プロジェクトによる赤色のiPod nano「iPod nano (PRODUCT) RED Special Edition」(4Gバイト)を発表した。10月14日発売で、価格は23,800円。(RED)プロジェクトは、アイルランド出身の人気ロックバンド「U2」のボーカルであるBonoと、Bobby Shriver氏によって創設されたもので、企業が同ブランドの製品を作ることで、アフリカにおけるエイズとの闘いに、ビジネスが関わっていく趣旨としている。製品の収益金の一部は、「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)に寄付し、HIV/エイズに罹患したアフリカの女性や子供たちのためのプログラムに資金を提供する。iPod nano (PRODUCT) REDは、赤色のアルミニウムのボディを持ち、最長24時間のバッテリー駆動時間が特徴だ。同社は、iPod nano (PRODUCT) REDの売上金の中から1台当り10ドルを世界基金に寄付し、アフリカにおけるHIV/エイズ
対策に役立ててもらうという。(RBB TODAY)


うひょー、なんだかカッコイイなぁー。
買っちゃおうかな(笑)。

2006年10月13日

日本代表MF遠藤が自宅安静 肝機能異常

サッカー日本代表MFでガ大阪の遠藤保仁(26)が13日、疲労によるとみられる肝機能検査数値の上昇で、自宅安静となった。ガ大阪の西野監督は「長期になる可能性もある」と話している。遠藤は、38度の発熱と頭痛を訴えたため、11日のインド戦は欠場。12日に帰国し、検査を受けたところ、数値異常が認められた。(毎日新聞)


あらら、大丈夫かね。

2006年10月12日

エミネムは自販機のジュースより安いんだね

エミネムは自販機のジュースより安いんだね

今日は午後に新宿へ出張。
用事はすぐに済んだのだが、職場に戻るのがかったるかったので、そのまま休暇をとる。そして、そのまま新宿で中古CD漁りへと向かう。

今日買った中古CD
モグワイ
ジョン・デンバー
レディオヘッド
エミネム
MOBY
木村大
ウェス・モンゴメリー
SONNY BOY WILLIAMSONⅡ

見事にジャンルがバラバラ。こんなCDの組合せでレジへ持って行く客なんてほとんどいないだろうなぁ(笑)。

2006年10月11日

インドに勝つ

アジアカップ予選、アウェーのインド戦に臨んだサッカー日本代表は、3-0で快勝した。FW播戸が、前半23分に先制ゴール、44分に三都主のクロスに合わせたダイビングヘッドと2ゴール、後半37分にはMF中村憲がミドルシュートを決め追加点をあげるなど、新戦力の活躍が見られた。日本はすでにアジアカップ本戦出場を決めている。


後半から見ました。また照明の停電で中断があったみたいだね。グランドには犬が乱入してくるし・・・。
インドっていうところは全くどうしようもないなぁ〜。
試合的にはあまりパッとしなかったね。インドが相手ならもっとゴール決めてくれよって感じ。
中村憲剛のゴールはなかなかのものだったけどね。

2006年10月10日

北朝鮮の参加中止

北朝鮮や米国など8カ国のサッカー女子代表チームが参加して今月下旬から韓国で開催される「ピースクイーンカップ」の組織委は、核実験により北朝鮮の参加が中止になったと明らかにした。(スポニチ)


う〜ん、さすがに核実験は影響大きいよねぇ〜。

[フランス]08年1月から全面禁煙

ドビルパン仏首相は8日、来年2月1日から全国の公共の場での禁煙を実施すると発表した。ただし、カフェ、バー、レストランなどは11カ月間の猶予が与えられ、全面禁煙は08年1月1日からとなる。違反喫煙者には罰金75ユーロ(約1万1250円)、施設の責任者には150ユーロ(同2万2500円)が科せられる。(毎日新聞)


うわっ、フランスきびしー!
たばこの禁煙って、ここまで厳しくなるの!?
(>_<)

2006年10月 9日

下駄とばし世界新

広島県福山市松永町の「日本下駄とばし協会」が8日、下駄とばし世界新記録を出した同市の会社員、坂田優樹さん(27)に認定証を渡した。記録は36メートル40センチ。先月、同市で行われた競技会で、はいたげた(約240グラム)を飛ばして、これまでの世界記録を3メートル25センチも上回った。(毎日新聞)


下駄とばし世界新記録ですか。いやぁ、こんなくだらないことやっているんだね。でも、このくだらなさがなんともたまらない(笑)。

2006年10月 8日

カタールにハマってるねぇ

カタールにハマってるねぇ

スーパーサッカー見ていたら、エメルソンがカタール国籍取得とのこと。
国籍を取るまでになるなんて、カタールにかなりハマっているねぇ。

あなたの所属していた浦和レッズはあなたのいたころよりも、ずっと選手層の厚いチームになりました。この前の試合では小野、田中達也がベンチスタートです。永井なんてベンチにも入れません。こんなこと数年前では考えられませんでした。
ただ、得点力は外国人FW頼みというのはあなたがいたころからけっこう変わっていません(笑)。

2006年10月 7日

オシム監督、カレー食え

日の丸イレブンにカレーの試練が課された。・・・5月下旬のU-19日本代表インド遠征では現地の主食であるカレーで体調を崩す選手も出たが、"過保護"を嫌うオシム監督は専属シェフを帯同させない方針を確認。来年7月のアジア杯本大会へ向けて、選手のアウエーでの適応能力を測る。代表生き残りを目指す選手に思わぬ"難敵"が持ち上がった。・・・インドでは主食のカレーが思わぬ難敵となる。5月下旬にインド・バンガロールに遠征したU-19日本代表では、独特の香辛料が口に合わない選手が続出。カレー以外のメニューも乏しく、食が細くなることでコンディションにも影響が出たという。・・・オシム監督はこの情報を耳にした上で、今インド遠征ではあえて特別な対策を取らなかった。カレーを口にできるか否かは、オシム流の"踏み絵"だ。笑い話ではない。・・・どんな環境でも即座に対応できるかどうかは代表選手として重要な要素になる。指揮官の持論は「どんな環境でも走れる選手を選ぶ」。選手たちはピッチ外でも適応能力を見極められる。(デイリースポーツ)


お腹が弱い代表選手はダメだということだね。わたしはへなちょこだから、けっこうお腹弱いよ。刺激物は苦手です(苦笑)。お腹の弱い代表選手のかたはご愁傷様です。m(__)m

金曜J

[J1=6日]京都1-1大宮◎大宮が前半に先制するも、京都が後半6分、左CKから角田が押し込み追いつく(毎日)

あら、金曜なのにJリーグやっていたんだ(笑)。

2006年10月 4日

ガーナ戦

日本0-1ガーナ

日本惜敗というより明らかにガーナの調子がよくなかったね。
それにしても中村憲剛は意外によかったね。なんか右利きの俊輔っぽい感じ。
実は中村憲剛は同じ高校つながりなので、ちょっとがんばって欲しい気がするのだ(笑)。

闘莉王異例の合宿合流

右太腿裏を負傷し4日ガーナ戦での代表招集は見送られた浦和DF田中マルクス闘莉王が突然、日本代表の横浜合宿に"合流"した。オシム監督から異例の呼び出しを受け1日だけ合流したもの。(スポニチ)


闘莉王はオシムにけっこう買われているのかねぇ〜。

2006年10月 3日

食べ過ぎでガーナ代表練習中止

4日に日本と親善試合を行うガーナ代表が2日に来日し、歓迎パーティーに出席。ガーナ料理で満腹となった選手たちはくつろぎムードで、練習開始は1時間以上遅れ、最終的には中止となった。(スポニチ)


完全にやる気なしモード(笑)。

2006年10月 2日

得失点差1で首位

[J1=1日]甲府3-2ガ大阪▼清水4-0福岡◎ガ大阪の敗戦により浦和が単独首位に(毎日)


ガンバが負けて、首位になるも、坪井と闘莉王のケガが痛い!
(+_<)

マラドーナ娘、強盗未遂にあう

アルゼンチンサッカー界のかつての大スター、ディエゴ・アルマンド・マラドーナは娘が強盗未遂に遭ったことを明らかにした。末の娘が襲われかけたものの、ブエノスアイレスの彼の自宅を守っていた警備員の助けにより未遂に終わったとのことだ。 18歳のジャンニーナ・ディノラーが車を運転していた際、別の車に道を塞がれ、その車から武器を持った男1人が降りてきた。ジャンニーナは高速で車をバックさせて襲撃から逃れることができた。「強盗が目的だったんだと思う」とマラドーナ。だが、誘拐未遂であった可能性も否定はしなかった。(C)SPORTサッカー


いやぁ、有名人は大変だね。ところで、マラドーナの娘って、マラドーナに似ているのかなぁ(笑)。

2006年10月 1日

日本代表招集メンバー

日本サッカー協会は1日、キリン・チャレンジカップのガーナ戦(4日)の日本代表を発表。播戸(G大阪)のほか、中村憲(川崎)水本、山岸智の千葉勢が初選出。田中達、闘莉王、坪井(ともに浦和)加地(G大阪)は招集を見送られた。日本代表は4日のガーナ戦後、8日にアジア杯予選のインド戦に向けて出発する。(スポニチ)

ガーナ戦日本代表メンバー
GK:川口能活(磐田)山岸範宏(浦和)西川周作(大分)
DF:三都主アレサンドロ(浦和)駒野友一(広島)水本裕貴(千葉)
MF:羽生直剛(千葉)遠藤保仁(G大阪)二川孝広(G大阪)中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)阿部勇樹(千葉)佐藤勇人(千葉)田中隼磨(横浜FM)山岸智(千葉)長谷部誠(浦和)
FW:播戸竜二(G大阪)巻誠一郎(千葉)我那覇和樹(川崎)佐藤寿人(広島)


う〜ん、坪井と闘莉王がケガでメンバーから外れたね。田中達也は今回外れてもしょうがないかな(苦笑)。フロンターレの中村は選ばれるんじゃないかと言われて今までは選出されず、今回とうとう選出されたけど、活躍するかねぇ。

ひざ痛めて、今回はだめみたい

日本代表のイビチャ・オシム監督が、J2得点ランクトップを走る鳥栖FW新居辰基(22)に熱視線を送っていることが29日、分かった。2年前に酒気帯び運転した上に人身事故を起こして逮捕、所属クラブを解雇された過去を持つが、現在は立派に"更生"。どん底から日本代表ストライカーへという夢物語が現実のものとなるか-。未発掘リストのダークホースは、J2最高のスピードスターだ。日本代表のスタッフ会議で何度も「新居」の名前が挙がっている。ある代表スタッフも「新居は追いかけていかなければいけない選手」と明かした。抜てきの可能性は十分ある。波瀾(はらん)万丈のサッカー人生だ。02年にJ1札幌に入団したが、04年8月、酒気帯びで車を運転し、交差点で出合い頭の事故を起こして、相手の男女2人にケガをさせた。現行犯逮捕され、札幌を解雇。その後は解体工事現場で働いた時期もあった。同年10月に東海リーグの静岡FCに拾われ、05年に鳥栖に入団。ここで開花し、昨季もJ2日本人最多タイの17得点を挙げた。オシム監督は27
日の横浜FC-仙台(国立)でJ2を初視察した。J2も日本代表の選考対象となることは代表スタッフの間で既に確認されている。"敗者復活戦"を戦う新居に朗報は届くのか-。日の丸の舞台に駆け上がる日は、そう遠くないはずだ。(デイリースポーツ)


なんか膝を痛めてしまい、今回は代表に選ばれることはなさそうだねぇ。
代表に選ばれれば、安倍総理よろしく再チャレンジで大成功だったのね。
ケガを直して、頑張ってください。

坪井

左足内側じんたい損傷
全治3〜4週間だって・・・。


うぅ、痛い、痛すぎる!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ