« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日

ワシントン不在でも圧勝

浦和5-1京都


京都がやばいくらいに弱い。まさにJ2ロードまっしぐらという感じ(苦笑)。
それにしても坪井のケガが心配。

平山Jデビューは"VIP待遇"・・・でも負け

規格外の巨砲が守備免除のVIPデビューを飾る。FC東京のU-21日本代表FW平山相太(21)が29日、新潟戦(30日・味スタ)の遠征メンバーに入った。先発でのJデビューが濃厚だが、倉又監督は「彼の周りにDFができる選手を置く方が攻撃が生きる」と、運動量豊富なFW戸田と2トップを組ませ、攻撃に専念させる意向を示した。6連敗回避のため、そして平山を生かすための決断だった。今回はFWルーカスらの離脱による緊急出場で、持久面にはまだ不安が残る。少しでも攻撃に使える体力を温存させるために指揮官は「全員守備」のチーム方針を崩した。選手バスでは横浜FCのFW三浦知のように最後方左側の"キングシート"に座り、大物ぶりをみせた平山。「チームが勝っていないし、手助けをしたい。今できることをやる」。特別待遇に見合った働きをしてみせる。(デイリースポーツ)


VIP待遇でも新潟に4-1のボロ負けじゃあねぇ。クラブワーストタイの六連敗だそうです。

2006年9月29日

はじめに言っていることと違う人達

FC東京に所属するU-21日本代表FW平山相太(21)が本年度中の筑波大再入学を断念したことが28日、分かった。12月からの再入学を目指して今月中にも手続きを始める予定だったが、連日の2部練習、U-21日本代表活動との両立は困難と判断した。30日・新潟戦(味の素)でのJデビューが濃厚で、今後は本格的に戦列に加わる見込みで、プロ1年目はサッカーに集中する。平山はオランダ1部リーグ・ヘラクレスを退団した直後から4月に退学した筑波大体育専門学群への再入学を熱望。12月からの再入学を目指し、今月中に手続きを行う方針だったが「今は考えていない。来年以降?そうですね」と心変わりしたことを明かした。将来は指導者を目指しており、専門知識を学ぶために学業意欲は強い。だが現在は22日から始まった2部練習、U-21日本代表の活動もあり、両立は困難と判断。同大の制度上は退学から2年以内は再入学が可能でもあり一時封印を決めた。・・・(デイリースポーツ)


日本代表のオシム監督が初めてMF中村俊輔(28)=セルティック=を認めた。日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンが28日、俊輔について触れ、「オシムが"ファンタジスタはいらないとは、もう言わない"と言ってきた」と明かした。前言撤回だ。オシム監督は、これまでテクニック重視の選手を代表選考から外す傾向があった。「世界で美のために死んでもいいという選手が存在する要素は、ますます少なくなってきている」と、中村は構想外との見方が強かった。だが、欧州チャンピオンズリーグ1次リーグ戦で日本人選手初得点を記録するなど活躍している。また、当たり負けもしなくなり、毎試合、自宅でテレビ観戦しているオシム監督も、認めざるをえない状況となった。年内は海外組の招集は見送られるが、07年のアジア杯などで招集される見込み。「お楽しみは来年だね」と川淵キャプテン。中村が、オシム監督のファンタジスタ不要論を払しょくし、代表に復帰する可能性が高まった。(デイリースポーツ)


マスコミは好意的だが、結局は二人ともはじめに言っていることと違うじゃん(笑)。
特に平山なんて復学したいという理由で、ヘラクレスを退団したんじゃないの?こりゃ、ヘラクレスが国際移籍証明の発行をごねたのもわかるような気がする。まぁ、サッカーに専念して頑張ってくれよって感じ。
オシムの俊輔招集はオシムジャパンでの俊輔を見てみたいから、赦そう(笑)。

2006年9月28日

W杯決勝PK廃止も

W杯決勝でPK戦が廃止される可能性が浮上。FIFAのブラッター会長が10年大会に向け制度を見直す考えを示したもので、再試合に加え、選手の人数を減らしての再延長戦を行う案に言及。(スポニチ)


確かにPKで王者が決まるというのもね・・・。でも、人数減らして再延長というのはかなり体力的にきつそう。まともなサッカーできるのかなぁ?

2006年9月26日

ウルグアイ代表ダリオシルバ右足切断

ウルグアイ代表FWダリオシルバが交通事故を起こし、重傷を負った右ひざから下を切断した。同選手は高速道路を走行中、中央分離帯の照明灯に激突。窓から投げ出され、右脚を骨折した。(スポニチ)


うわっ、悲惨・・・。

2006年9月25日

ビューボックス観戦!

060924_1325

いやぁー、この前の清水戦は、なにがよかったというと・・・
やはり、ビューボックスですよ!
あんな席が存在するのさえ知らなかったよ(泣)。
たまたま今回は、おこぼれにあずかって、ビューボックスで観戦することができました.。
少なくとも私こと、へなちょこはビューボックスに接待されるような人間ではありません
あしからず。
うーん、こんなこと書いている自分がなんだか情けなくなってきたぞ(苦笑)。

ビューボックスって、ビールやジュースを、「どうぞ、どうぞ」って感じで進めてくれたり、試合が始まる前やハーフタイムに食事ができたりとかなりのブルジョワ気分!←もちろん、お金はかからないよ!
ちなみにマッチデープログラムなんかも無料で配布してくれたりして、ほんとにいいんですかって感じ!(笑)
いやぁー、ほんといたれりつくせりとはこのことだよ。

週末は至福のときを過ごすことができました・・・といいたいところだが、貧乏人の悲しい性(さが)か、ビューボックスにいる自分に違和感を感じずにはいられないのでした・・・。
(T_T)


060924_1324
ビューボックスの部屋はこんな感じ。

060925_2243
部屋の外にあるテラス席で試合を観戦する。

060925_2250
ビューボックス招待状

2006年9月24日

ホーム20試合連続負けなし

浦和が鉄壁の「赤い壁」でリーグ戦3連勝を飾った。「今日は2、3試合分の守備をした感じ。本当に疲れたよ。でも、そう簡単に点を取られる気はしない。守りは安定している」。日本代表DFでもある闘莉王は今季11度目の完封試合に胸を張った。前半16分、FWワシントンが相手GKのこ間を抜くシュートで先制点を奪った。だが、その後は攻撃陣が決定機でシュートミスを連発。闘莉王も「普通だったらやられている。負ける試合」と振り返ったが、後半は相手にペースを握られた。だが、代表組の守備陣が踏ん張った。GK山岸が2度の横っ跳びで失点を防げば、DF坪井も適切なカバリングでピンチの芽をつかみ取った。闘莉王はハイボールで競り合う場面では常に相手の上をいった。代表ではないDF堀之内も、FWマルキーニョスの動きを封じた。ブッフバルト監督は試合後、4人のDFを名指しし「特にほめてあげたい」と絶賛した。これで、昨季の横浜M戦(05年9月24日)から20試合連続ホーム試合は負けていない。闘莉王は「隣には力のある3人が
いる」と守備に絶対の自信をみせた。鉄壁で、浦和が逆転優勝をもぎ取る。(デイリースポーツ)


ホーム20試合連続負けなしだったんだね。昨日の試合はほんとDF、GKが頑張ったよ。ああいう試合をきっちりと勝ちにつなげるところに今のレッズの強さを感じるよ。
しかし、達也がここのところキレがないのが気になる・・・。

2006年9月23日

今日は早く着いちゃいました

今日は早く着いちゃいました

はじめてビューボックスで観戦します!

試合中タバコで出場停止

[カイロ 21日 ロイター] 中東のカタールでサッカーの試合中にベンチでタバコを喫煙したとして、アルアリのスイス人監督が同国サッカー協会に1試合の出場停止処分を受けたと、アラブ・メディアが21日に報道した。 7月に同クラブの新監督に就任したばかりのデカステル監督は15日のアルサド戦にベンチでタバコを吸い、試合途中で退場処分を受けた。罰金処分も受けた。(ロイター)


試合中にたばこを吸うのはどうかと思うけど、出場停止までなっちゃうのもびっくりだね。
でも、試合中にたばこを吸っている監督って、ごくたまにいるよねぇ。

2006年9月22日

オシムジャパン年内は海外組招集なし

日本サッカー協会の川淵三郎会長は、年内いっぱいは日本代表に海外でプレーする選手を招集しない方針を明らかにした。20日にオシム監督と日本協会幹部が話し合って決めたという。(スポニチ)


うーん、松井がオシムジャパンで活躍する姿を見てみたい気がするのだが・・・。
まぁ、来年のお楽しみということにしますかね。

中田英寿敗訴

元サッカー選手の中田英寿さんが、女優の宮沢りえさんとの写真を掲載した「週刊現代」の記事でプライバシー権を侵害されたとして出版元の講談社などに損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は21日、中田さんの上告を棄却する決定を出した。120万円の支払いを命じた1審判決を取り消し、請求を棄却した2審判決が確定した。(毎日新聞)


ふーん、中田はこんなことで裁判でもめていたんだね。有名人はプライベートないからね。大変だーね。

2006年9月21日

小笠原セリエAデビュー

イタリア1部リーグ(セリエA)はメッシーナなどで行われ、小笠原満男の所属するメッシーナは2―0でレッジーナに勝った。小笠原は後半8分から出場してセリエAデビューを果たした。(スポニチ)


小笠原はイタリアで活躍できるのかねぇー。どうなんでしょ?

釜本、平山を一刀両断

2008年北京五輪を目指すU-21日本代表候補は20日、大阪・長居スタジアムでJ2神戸と練習試合を行い、3-2で勝利した。注目のFW平山相太(21)=FC東京=は60分ハーフの前半に出場したが、無得点に終わった。動きは鈍く見せ場も作れないプレーぶりに、視察した日本サッカー協会の釜本邦茂副会長(62)は「あれではJでも出られない」と激辛エールで奮起を促した。日本史上最強のストライカーが次代のエースを一刀両断した。「これじゃあダメ。もう少し意欲的にやらないと。若者らしくない」。正面スタンドに陣取った釜本副会長が平山をぶった斬った。・・・(デイリースポーツ)


まぁ、長い目で見てあげましょうよ(笑)。

2006年9月19日

Jリーグ7クラブが赤字

Jリーグは19日、05年度のJ1、J2全30クラブの経営情報を公表した。これまではクラブの経営情報を基に最高・最低、平均値などを発表してきたが、クラブ別の個別数値を公開したのは初めて。資産総額から負債総額を引いた純資産が赤字だったのは神戸、大分、札幌、水戸、草津、甲府、鳥栖の7クラブ。(毎日新聞)


う〜ん、やはり赤字はJ2のチームが多いね。J2は経営的になかなか厳しいものがあるというのは察するよ。
なんとかがんばっていってほしいものです。

2006年9月18日

やるじゃないかU-17

やるじゃないかU-17

日本が優勝。サッカーのU17アジア選手権。延長の末4ー2で北朝鮮に逆転勝ち。2度目の優勝。(共同)


柿谷ってなかなかやるじゃん。あのゴールはすごいわ!二点目のアシストも見事だし。

X-MEN

アメコミ映画好きの友人と一緒にX-MENを見に行ったら、意外にも結構おもしろかった・・・。
やばい、X-MEN最高!(笑)

2006年9月16日

広島戦

なんとか2-1で勝利を手にすることができたって感じじゃない?
闘莉王のゴールは瀬田さんの解説のとおり、ワールドカップ開幕戦のラームのようなゴールだった。
山田のゴールも素晴らしかった。
しかし、なんか物足りないような気がするんだよなぁ。
なんとか競り勝つとかいう相手じゃないでしょ、広島なんて・・・。
広島がここ最近4試合負けなしで、日本代表FW佐藤とJの得点王のウェズレイを擁しているといっても、所詮J1の下位チームだし・・・。
圧勝を望んじゃうんだよねぇ。
贅沢かな?(笑)

2006年9月14日

中村、欧州CLで日本人初ゴール

◎中村、欧州CLで日本人初ゴール=チームはマンUに2-3敗戦-サッカー欧州CL
【マンチェスター(英国)13日時事】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、1次リーグ初戦が行われ、F組では、当地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)と対戦したセルティック(スコットランド)のMF中村俊輔がチームの2点目を奪った。欧州CL本戦での日本人選手の得点は初めて。・・・


なんでもFKでゴールを決めたみたいだね。まだ見ていないんだよなぁ。ビデオに録画しておいたから、見なくては!

2006年9月13日

カード乱発レフェリーは研修

Jリーグは12日、「ジャッジに一貫性がなく、判定がチグハグ」として家本政明・スペシャルレフェリー(SR)を1カ月間休養させ、研修を課すことを決めた。家本レフェリーは8月30日の鹿島・名古屋戦で両チーム計11枚のカードを"乱発"した。SRは経験豊富で高い技術を持つと日本サッカー協会が認定した審判員。(毎日新聞)


スペシャルレフェリーがチグハグな判定でカード乱発なんて目も当てられないね。スペシャルレフェリーはプロのレフェリーなんだから、しっかりしてくださいよ(笑)。

2006年9月12日

新商品「BIG」販売

スポーツ振興くじ(愛称toto)を運営する日本スポーツ振興センターは12日、最高当選金額3億円(繰越時で最高6億円)の新くじ「BIG」を16日から発売する。totoが対象試合13試合の結果を購入者が予想するのに対し、BIGは14試合の予想をコンピューターが不作為に選択、購入者の予想は不要となる。(毎日新聞)


「BIG」だか「ワイド」だかわからんけど、そんなもの発売した程度で売り上げが伸びるのかね・・・。

2006年9月11日

134340

国際天文学連合(IAU)が惑星から降格し、新たに「矮惑星=仮訳」に分類した冥王星について、IAU小惑星センターは今月、小惑星番号「134340番」を付与した。惑星とその衛星、すい星以外の太陽系天体に与えられる通し番号で、国立天文台の普及室長は「IAUはルール通りに粛々と作業を進めた」と話している。(毎日新聞)


別に天体になんて興味は全くないのだが、冥王星も惑星から外れたら、まるで囚人かのように番号を割り振られて、なんか悲しいなぁ。
まるで過去に栄光を極めたが、現在は落ちに落ちぶれてしまった人のようだ(苦笑)。

2006年9月10日

ダービー勝利

大宮とのダービーを勝利したね。1-0の勝利で終わるのかとばかり思っていたけど、最後の最後に永井がゴール!試合中、永井はほとんど消えていた時間が長かったから、突然ゴール決めてビックリしちゃったよ(笑)。
ポンテが復帰したのもうれしいね。早くコンディションを上げていって、バンバン活躍して欲しいものです。


J1のFC東京は10日、アテネ五輪代表でオランダ1部リーグのヘラクレスを退団したFW平山相太(21)が加入すると発表した。12日の練習から合流する。平山はクラブを通じて「同年代の選手が多く、チームのコンセプトにも感銘した。これからFC東京と日本サッカーの発展のため頑張る」とのコメントを出した。(毎日新聞)


平山は東京瓦斯に入ることになったんだね。FC東京だけでなく「日本サッカーの発展のため頑張る」なんて、背負っているものが大きいなぁ。ほんとお疲れ様です(笑)。

2006年9月 8日

まだまだこの話題で引っ張るか!?

まだまだこの話題で引っ張るか!?

[ミラノ 5日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝でフランス代表主将のジネディーヌ・ジダンから頭突きを受けたイタリア代表のマルコ・マテラッツィが5日、頭突き事件の引き金となった二人のやり取りの詳細を明らかにした。 マテラッツィがガゼッタ・デッロ・スポルト紙の取材に対し、先に仕掛けたのはジダンの方だと主張。マテラッツィがジダンのユニフォームを引っ張った際、ジダンが「そんなに欲しければ後でやるよ」と挑発的な言葉を投げたので、「もらうのなら、姉妹の方がいい」と、やり返したという。 マテラッツィは自らの発言は良いことではないとしながらも、フィールド上では多くの選手がもっとひどい言葉を使っていると語った。 ジダンとの関係については、向こうが謝罪していないので、こちらも謝る必要はないとしながらも、いつでも和解する気持ちはあると話した。 国際サッカー連盟(FIFA)はこの事件について、引退したジダンに対し罰金と社会奉仕活動を、マテラッツィに対し2試合の出場停止と罰金の処分を科した。(ロイター)


いやぁ〜、この話題はもう決着したのかと思っていたけど、まだまだ引っ張るねぇー。まぁ、真相は二人のみぞ知るって感じだね。

2006年9月 7日

平山契約解除、そしてガンバ獲得に名乗り

平山相太がヘラクレスから契約を解除された。平山とともにクラブ幹部と会談した代理人の田辺氏は「ヘラクレスとの契約は完全に打ち切り。無所属になったので移籍金は発生しない」と説明。(スポニチ)

Jリーグで首位を走るG大阪がオランダ1部ヘラクレスから契約を解除されたFW平山相太の獲得に名乗りを上げた。「来年、再来年を見据えてほしい。それだけの逸材」と佐野社長。(スポニチ)


平山、いったいどうなんだ?かなりパフォーマンスが落ちているみたいだし・・・。次のワールドカップにはかなり期待されているけど、大丈夫かね?

中田は無視されていた

[東京 5日 ロイター] 日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎会長(キャプテン)は最近行われたロイターのインタビューで、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に現役引退した中田英寿氏などについて語った。 川淵会長は、中田氏がチームのほかの選手と意思を通じさせることができなくなっていたとコメント。W杯で持てるすべてを出したが、無視されていた部分もあり、中田氏自身も、どうやって意思疎通させていいか分からなくなっていたとの見方を示した。 中田氏とほかの選手の関係がうまくいかなかったことについて会長は、日本選手全般の控えめな性格も要因だと指摘。・・・(ロイター)


中田は無視されていたなんて、小学生や中学生のいじめじゃないんだから・・・。まぁ、様子からして周りとうまくいっていないのはありありだったもんね。しっかし、キャプテンはぶっちゃけるのが好きだねぇ〜。いまさらこんなことを話してどうしようもないと思うんだけどなぁ。
今度の代表はみんな仲良くやってくださいよ(苦笑)。

2006年9月 6日

ガラナじゃないよ、ガナハだよ

ガラナじゃないよ、ガナハだよ

凡戦のまま、もう引き分けでおしまいかと思ったら、終了間際に我那覇が決めやがった!
やるねぇ〜。

2006年9月 5日

京都戦

京都にいる友人から連絡がきて、9月30日の京都戦を見に来いとのこと。
それならばとチケットを手に入れようと思ったら、すでに完売!(苦笑)
なんとなく売り切れているだろうなと思ったけど、案の定って感じ。
やっぱ、レッズサポーターはすごいや(笑)。

2006年9月 4日

俊輔戦力外通告

オシムジャパン負けちゃったね。まぁ、あの過密日程では、さすがにきついよなぁ。それはともかく、翌日(正確には当日)が月曜日でもって、かつ午前二時ごろのテレビ放映って、時間的にきついよね。さすがに見ることはできないとあきらめました。
でも、今、考えると見ていなくて正解でした。うーん、正しい判断!(笑)


デイリースポーツより
「"ファンタジスタ"はいらない-。サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が現地2日、サウジアラビア戦(ジッダ)に向けて会見し、スコットランド・セルティックのMF中村俊輔(28)に事実上の戦力外通告を突きつけた。オシム監督は運動量の少ない古典的な司令塔タイプを重用しない方針を表明。年内は海外視察を回避し、国内組をベースにチームを作る意向も明らかになり、MF中村俊は厳しい立場に追い込まれた。語録に残酷なまでの方針を詰め込んだ。ファンタジスタ受難の時代、オシム監督も自身が冷徹なリアリストであることを強調した。個人名こそ出さなかったが、MF中村俊に突きつけられた"戦力外通告"だった。」


おっ、俊輔不要論!トルシエに引き続きオシムまでも!?
しっかし、内容で判断するに、我らが伸二もちょっとあぶない気がするのは気のせいだろうか・・・。

2006年9月 3日

また並んじゃいました

また並んじゃいました

昨日、DSLiteのブラックが発売するということで、立川のビックカメラに並んでしまいました。
前に買ったピンクのDSLiteを脳トレがお気に入りのうちのおかんに譲っちゃって、新たに自分用のDSLiteを手に入れるためです。
開店前の9:50ごろに立川のビックカメラに到着したのですが、整理券を配りはじめてしばらくたったら、「DSLite完売しました」との店員の声が!
なんとギリギリセーフ!
ほっ。( ̄▽ ̄)

2006年9月 1日

今日から九月

とうとう九月になってしまいました。夏休みモードももうおしまいです。今まで電車が空いていたけど、今日からまた混んできた(苦笑)。

今日は社内の管理職選考の発表日でした。筆記と面接で管理職を選考する我が社は、いくら仕事ができてもどんなに人望があっても試験に受からなければ管理職になれません。逆にいうとよっぽどの問題児でなければ、ヘタレでも試験に受かれば管理職になれます。
そんな管理職選考に私の横に座っている係長が受験をして、今日の発表をまちかねていました。
しかし、結果は不合格…。
あきらかに落胆している様子がみえみえで、かなり声かけづらい状況でした。しかも、我が部署に二人の合格者がいたためにさらに惨めな状況この上ないといった感じ。
今日、係長は管理職軍団&二人の合格者といやいや飲みに連れられてしまいました。
職場出る前に係長が
「あぁー、(飲みなんて)行きたくねぇーなぁー」
とひっそりつぶやいていたのを逃さずに聞いてしまったのは秘密です。

がんばれ、係長!(笑)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

Jリーグ